So-net無料ブログ作成
ミニ四駆 ブログトップ

自慢の愛車で競う全日本選手権を13年ぶりに復活させたところ、インターネットなどで話題 [ミニ四駆]

20~30代後半の男性が子どもの頃に

夢中になった模型車「ミニ四駆」

人気が再燃している。

ここ数年、

兵庫県内でも専用コースを設ける店舗が増え、

レース参加者も右肩上がり。

かつて熱中した世代に子どもが生まれ、

親子で遊べるようになったことが

ブームをけん引しているようだ。

ミニ四駆は、

模型メーカーのタミヤが1982年から販売。

組み立て式で全長約15センチ、モーターで自走する。

約千円程度と手頃なうえ、

車種や走行性能を高めるパーツが豊富で、

改造しながら自分の車を作り上げることができる。

少年漫画の題材に取りあげられた87年と96年ごろの2回、

小学生を中心にブームとなった。

製造元のタミヤが2012年、

発売30周年を記念し、

自慢の愛車で競う全日本選手権を13年ぶりに復活させたところ、

インターネットなどで話題に。

年間15戦の選手権に延べ約1万人がエントリーし、

翌年は約2万人と参加者が倍増した。

神戸市東灘区青木1の

「ホビーショップTam Tamサンシャインワーフ神戸店」でも

今年、

大型コースを設置した。

担当者によると、

購入するのは20~30代の男性が多く、

プラモデルの中で一番売れているという。

タミヤの広報担当者は「デジタル全盛の中で、

アナログ感が受けたのでは」と分析する。

明石市内にあるコースで、

4歳の長男とレースを楽しんでいた会社員も小学生の時に熱中した世代。

「親子で一緒に楽しめる手軽さと、

パーツを組み合わせて速さを追求する奥深さに、

あらためて夢中になっています」と話していた。

「イタモ」の愛称で親しまれてきた「板宿模型」が今年末をめどに、

60年の歴史に幕を下ろす。

店主の松本猛志さんが9月に80歳で亡くなった。

プラモデルや鉄道模型など数千点が所狭しと並び、

豊富な品ぞろえでファンに愛されてきた。

現在、

遺族らが感謝を込め、

土、

日曜、

祝日に店を開けている。

昭和の風景がまた一つ、

消える。

板宿模型は1953(昭和28)年ごろ、

猛志さんが会社勤めを経て開店した。

照子さんとの結婚後は、

2人で営んできた。

店は1階約50平方メートル。

機関車、

新幹線、

特急列車といった鉄道模型をはじめ、

プラモデルや無線操縦玩具、

工作材料などを扱う。

掘り出し物も多く、

特に鉄道模型は量販店をしのぐ品ぞろえだ。

最もにぎわったのは、

ガンダムやミニ四駆が流行した1980年代。

開店前から行列ができた。

子どもがお年玉で買いに来る正月や夏休みは、

休まず営業した。

だが、

主役はテレビゲームに移り、

レジャーも多様化。

子どもの来店は減り、

近くにあった同業店も姿を消した。

ファンは閉店を惜しむ。

20年来の常連という長田区の男性は「品数の多いこの店がなくなるのは寂しい。

今は、

ボタンを押したら答えが出るゲームばかり。

模型作りのように、

じっくり物事を考えることが忘れられつつある」と漏らす。

猛志さんは8月に店内で倒れ、

その後、

帰らぬ人に。

病院でも「店に戻らないと」と話していたという。

長男の研一朗さんは「父はおとなしい人だったが、

店に来る子どもと一緒に模型飛行機を飛ばして楽しんでいた。

お客さんに愛された店だったと思う」と振り返る。

照子さんは「真面目な夫にとって、

いい一生だったのでは。

皆さまには長い間お世話になりました」と感謝する。

PO法人明石プラモデル甲子園プロジェクトが製作した

宇宙船プラモデルも飾られている。  

10~18日には、

宇宙服を着て記念写真が撮影できる。

担当者は「夏休みに、

幅広い世代の方々に宇宙を身近に感じてもらいたい」と話している。

戦車などのプラモデルや鉄道模型を展示するほか、

輪投げや糸電話などを体験できる。

9月1日まで、

同館を運営するNPO法人「歴史文化財ネットワークさんだ」と、

地域活性化に取り組む三輪の市民グループ「ちゃわん山倶楽部」が企画。  

プラモデル制作が趣味の同倶楽部メンバー大北孝さん

国内外の郷土玩具やおもちゃを展示する日本玩具博物館が、

開館40年を迎えた。

館長の井上重義さんが経営し、

収集品は世界約150カ国の9万点に及ぶ。

井上さんが「国際的にもトップクラス」と胸を張るコレクションは

時代を映す鏡ともいえる。

博物館は1974(昭和49)年11月、

自宅の一角を展示室にして誕生。

山陽電鉄で働きながら全国各地を巡って集めた約5千点の紹介から始まった。

「ほかのコレクターのまねをしない」が収集方針。

凧(たこ)や紙製の着せ替え人形などは貴重だ。

中でも明治中期に神戸で生まれたからくり人形「神戸人形」は、

原型から、

神戸人形の名を定着させた作者の代表作などがそろっている。

ひな人形も「全国で指折り」という約500組を収蔵する。

きっかけは阪神・淡路大震災。

自宅で保管できなくなった被災者から譲り受けた。

古い人形は明治期にさかのぼり、

資料価値は一級という。

寄贈品の一部は開催中の特別展「雛(ひな)まつり」(4月15日まで)で公開している。

外国のおもちゃは、

70年代後半から現地を訪ね、

国内の輸入会社を通じて集めた。

民族衣装を着せた人形など3万点を数える。

米国やブラジルから貸し出しの依頼を受け、

“里帰り展”も開かれた。

収蔵品の増加とともに増築を重ねた展示場は計6棟に。

「なつかしい世界へ」と、

井上さんが子どもの目線で生み出した空間は、

時を忘れさせる。

難解なイメージが強い「囲碁」が幼い子どもたちに浸透している。

今年2月には5歳以上が遊べるように簡略化したゲーム「ななろのご」が発売され、

予想を上回る売れ行き。

尼崎市内では保育に取り入れる幼稚園もあるなど

「知育ゲーム」として静かな広がりを見せている。

囲碁は、

縦横に引かれた線の交点に碁石を打ち、

陣地を取り合うゲーム。

縦横各19本の線が引かれた通常の碁盤(19路盤)での対局は初心者には難解だが、

入門用には7路盤や9路盤などを用いる。

7路盤を改良した「ななろのご」は

教育関連の出版を手がける幻冬舎エデュケーション(東京)が発売。

盤上の交点にニンジン、

碁石に馬を描き、

馬がニンジンを取り合うゲームにした。

物語性があり、

簡単な言葉や絵でルールを教えることができる。

約1万6千個を販売している。

同社は2年前、

碁石にリンゴを描いた4路盤「よんろのご」を開発し、

これまでに5万個以上を販売。担当の佐藤有希さん(27)は

「1万個が売れれば業界ではヒット商品といえる。

少子化で親の教育熱が高まる中、

遊びながら頭脳を鍛える囲碁の教育的評価が高まっているのでは」と分析する。

尼崎市内のからたち幼稚園は5年前、

思考力や集中力を養うことなどを目的に囲碁を導入。

現在は系列の3園の年長児約270人が週1回の講座を受け、

相手の石を囲んで取る「ポン抜きゲーム」から始めている。

13路盤で友達と対局していた男児(6)は「1手先を考えるのが楽しい。

家ではおじいちゃんと19路盤で打つ」と笑顔を見せる。

保育に取り入れる幼稚園は関西では珍しいという。

同園では週末や放課後にも教室を開き、

園児のほかに卒園生らもプロ棋士や地域の愛好家から指導を受ける。

子どもたちは近隣のアマチュア大会に出場し、

卒園生の中にはプロを目指す子も。

指導する水戸夕香里三段=西宮市=は

「感情のままに動く年代にとって、

相手の手を考える貴重な機会。

好きなように打っていた子も負けると慎重になる

対局を通じて人見知りも減る」と導入効果を実感する

自転車ブームもあって、

いろんな種類を見ますが、

夜間も走るように装備されたのは少ないですね。

ライトは前だけ照らすので斜め横や真横から見えない場合が多く、

後方も反射板は照らしたときしか光りません。

真横はさらに反射板もないのがほとんど。

かつてのオーディオブームで絶大な人気を誇った

三菱電機のスピーカー

「ダイヤトーン」シリーズ。

オーディオ不況の影響でいったん消えたブランドを

復活させた立役者の1人が31日、

定年退職した

「レギンスがブームで、

若い女性が靴下を履かない」と意見を述べ、

若い男女が興味を持つような商品を提案。

靴を履いたら隠れるカバーソックスや、

パステルや水玉など大柄のデザインについて説明し、

早速、

メーカーの担当者と工法について相談していた

ecar

ミニ四駆 ブログトップ