So-net無料ブログ作成
検索選択
キャプテンの山本彩 ブログトップ

NMB大苦戦…選抜メンバー入り山本彩1人、32位以内に3人 [キャプテンの山本彩]

人気メンバーが前評判通りの活躍を見せ、

事件に巻き込まれて期せずして注目を集めたメンバーは大躍進。

姉妹グループもそれぞれ存在感を見せる中で、

大阪・難波を拠点とするNMB48の大苦戦が、

ひときわ目立ってしまった。

6位となり、

初の“神7”入りを果たしたキャプテンの山本彩(20)も、

壇上で表情を曇らせた。

「今回の選抜メンバーで名前が呼ばれているのは、

NMB48からは私1人だけです…」。

その言葉が、

グループとしての苦戦を如実に表していた。

NMBが誇る“2トップ”の1人で昨年は選抜に入った渡辺美優紀(20)は

速報25位から大きくジャンプアップを狙ったが、

届かず18位。

昨年は15位で選抜入りしたが、

無念の陥落となった。トータル80人の中でも12人と、

4グループの中でも最少。

昨年から順位を落とすメンバーも続出した。

選抜とアンダーガールズを合わせた32人中、

NMBメンバーはわずか3人。

後発のHKT48が選抜2人、

アンダーガールズ3人の計5人と躍進し、

SKE48も選抜に4人を送り込んだだけに、

NMBファンにとっては物足りない結果になったことは明らか。

速報発表の直後、

劇場支配人の金子剛氏が「申し訳ありません。

私の責任です」と“低迷”を謝罪しつつ、

「最終日に笑えるよう、

底力を見せたい」と巻き返しを誓っていたが、

結果にはつながらなかった。

AKB48の高橋みなみ、

渡辺麻友、

川栄李奈が2日、

フジテレビ系のバラエティー番組「ジャネーノ!?」に出演し、

川栄が高橋の秘密を暴露した。

番組では「AKBのルール」を紹介。

メンバーが高橋にしてはいけないこととして、

川栄は「お風呂です」と述べ、

高橋を絶対に

お風呂に誘ってはいけない暗黙のルールがあることを明かした。

川栄が「たかみなさんは絶対に人に裸を見せないんです」と

理由を話すと、

MCのフットボールアワー後藤輝基が

「なんで見せないの?」と高橋に突っ込んだ。

高橋は「嫌なんです。

根本的に。

なぜ裸をさらさなければならないのか分からないんです」と

早口でまくしたてた。

水着を着るのも「苦痛でしかたなくって。

着替えるときもできるだけ隠します。

人に見られることは本当に嫌!」と両手で自身の体を抱きしめた。

しかし、

そのために「早着替えはだれよりも早いです」と

裸を見られるのが嫌なあまり、

着替えが早くなったことを明かした。

NMB48の2トップのひとり、

渡辺美優紀(20)は18位に終わり、

2年連続の選抜入りを逃した。

速報の25位から巻き返したものの、

昨年の15位からは順位を落としアンダーガールズどまりとなった。

速報後は「ヘルプミー!なんとしても選抜に入りたい」と訴えていたが、

願いは届かなかった。

唇をかみしめ登場した渡辺は

「皆さんにご心配もおかけしました」と謝罪。

「正直、

ファンの皆さんをがっかりさせてしまったと思います」と大粒の涙をこぼした。

またもう一人のトップ山本彩もこの結果を、

厳しい表情で見守っていた。

AKB48の高橋みなみ(22)が25日、

東京・有楽町のニッポン放送で、

メーンパーソナリティーを務めた

24時間生放送のチャリティー番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を“完走”。

無事に番組を終え、

感激の涙を流した。

24時間生放送といえば、

まずは睡魔との闘いが大きな試練。

終了会見では、

思わぬ人物に怒りの矛先を向けた。

前夜にゲスト出演したAKBグループの総合プロデューサー・秋元康氏(55)だ。

番組では、

秋元氏が、

今年1番腹が立ったことをトークして白熱。

予定された出演時間を約30分ほどオーバーした。

高橋はそのあおりを食らい、

本来なら2時間あった睡眠時間が短縮。

「あんな(高い)テンションで来られるとは思わなかった。

1時間半も眠れなくて、

激おこぷんぷん丸ですよ」と嘆いた。

伝統ある「‐ミュージックソン」のパーソナリティーを務めたことには

「私が生まれる前から続いている番組。

私たちが継承していくことに意義がある」と感動していた。

また、

高橋はAKBの島崎遥香が「世界で最も美しい顔100人」

ランキングの56位に選出されたことにもコメント。

「秋元先生も言っているように、

アイドルだけど“塩”という形で甘い気持ちを与えるのが、

ぱるる(島崎の愛称)。

世界に認めてもらえたことで、

AKBももっと多くの人に知ってもらえると思う」と喜んだ。

AKB48の島崎遙香(20)が昨年12位から躍進し、

6万7591票で7位。初の神7入りを果たした。

島崎は握手会などでの“塩対応”に自ら触れ、

「握手会頑張ろう、

って思った時期もあったけど、

でもやっぱ無理で」と笑わせた。

あいさつは上位ランクイン者の中では、

断トツに短かった。

「えっと、

何から話したいいか分からないです。

でも塩対応といわれ続けていて、

なのに、

こんなにすごい順位をいただけて、

逆に誇りを持ちました。なんか、

握手会頑張ろうと思った時期もあったけど、

でもやっぱ無理で(笑)。

でも私のファンの人は、

それでも私を笑わせようとしてくれて。

それでも無理で(笑)。私のファンの人はだれよりも心が広くて。

以上です。

ありがとうございました」

「えっと、何から話したいいか分からないです。

でも塩対応といわれ続けていて、

なのに、

こんなにすごい順位をいただけて、

逆に誇りを持ちました。なんか、

握手会頑張ろうと思った時期もあったけど、

でもやっぱ無理で(笑)。

でも私のファンの人は、

それでも私を笑わせようとしてくれて。

それでも無理で(笑)。

私のファンの人はだれよりも心が広くて。

以上です。

ありがとうございました」

ecar


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
キャプテンの山本彩 ブログトップ