So-net無料ブログ作成
「戦友」と語ったことをうれしく思っていた ブログトップ

たかみな「親友になって」優子「嫌です」 [「戦友」と語ったことをうれしく思っていた]

大島優子(25)が9日、

都内のAKB劇場で、

高橋みなみ(23)から

「卒業後は戦友から親友になって」というメッセージをもらい

「嫌です」と拒否した。

高橋は、

大島が取材を受けている際、

高橋の存在について聞かれ

「戦友」と語ったことをうれしく思っていたという。

そこで、

高橋は卒業後、

戦友から親友になってほしいと頼んだ。

だが、

大島は、

これからもAKB48を応援する。

外からAKBを支えるとし「これまで通り戦友がいい」と語った。

大島優子(25)が卒業公演が終了後、

マスコミ各社による囲み取材に応じた。

質疑応答は次の通り。

-恋愛禁止が解かれます

 優子 

白馬の王子様が…。

白馬の王子様は似合わないので

、スーパーヒーローが現れてくれたらうれしいです。

「アイアンマン」みたいな。

好きなんです。

 -27歳までに結婚したいとテレビで言ってました

 優子 

10代のころから思っていたことなので、

できなくてもいいんです。

ただの憧れです。

憧れと現実は違いますからね。

 -ライブ中はあまり涙は見られませんでした

 優子 

みんなのことを思うと泣いちゃうと思ったので、

みんなのことは思わないようにしました。

あとは以前、

同期の卒業のときに、

ひどく泣きすぎたので、

あの姿は見せたくなかった。

みんなにはまた会えると思ってるからかもしれません。

 -あらためて今後の活動について

 優子 

皆さんをワクワクさせるような活動をしたいです。

 -歌とかは

 優子 

歌はやらないです。

好きなんですけど、

人前で歌うレベルじゃないというか。

(口を押さえる)。

みんな大勢で歌ったら、

ごまかせるじゃないですか。

だから歌えていたので。

心地悪い歌声だと思うので、

もうやめておこうかなって。

 -AKB48のコンサートなどに出てほしいと言われたら

 優子 

もちろん出させていただきたいです。

お芝居をやりたいから卒業するというのはありますけど、

AKB48出身というのは、

私の中で今後ずっとあるものです。

呼ばれれば盛り上げたいと思います。

 -共演したい人や演じてみたい役は

 優子 

共演したい方はたくさんいます。

ずっと憧れてる香川照之さんと共演させていただきたいなと思います。

一つの夢でもあるので、

頑張りたいですね。

在籍中はいろんな役をやりたいと思ってたんですけど、

卒業したら規制がないので、

なんでもやりたいです。

 -前田敦子さんの熱愛は何か聞いているか

 優子 

聞いてないです。

ビックリしましたけどね。

(スタッフがバツ印を出し、優子もマネをする)

 -好きなタイプは

 優子 

余裕のある人! 

見た目で言うと…。

お父さんが好きなんです。

ファザコンで。

年上? 

そうですね。

お父さんみたいな人が好きです。

かつての藤井フミヤさんに似てるんですよ。

おこがましいですね(笑い)

 -最初はAKB48が嫌いと公演のMCで言っていたが

 優子 

女の子同士の団体にいるということが、

小さいころなかった。

お兄ちゃんの友達とかと遊んたので、

性格が男勝りだったんです。

女の子の輪に入れるかって心配だった。でも入ってみたら、

2期生は女の子っぽくなかった(笑い)。

今でもみんなでご飯を食べたりする仲間ができた。

高校生からの青春時代を送れていたので、

大好きになっちゃいましたね。

 -今後の握手会は

 優子 

自分のソロイベントではやりたいなと思ってます。

 -最後に一言

 優子 

こんなにたくさん集まっていただいてありがとうございます。

大島優子としても、

みなさんに刺激を与えられる存在でいたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

AKB48を卒業した大島優子が、

9日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた卒業公演に出演後、

交流サイト「グーグルプラス」に最後の投稿をした。

投稿時間は、

午後11時26分。「AKB48大島優子を卒業しました!」と切り出し、

「ググタス(グーグルプラス)民のみんなー!! 

応援してくれてありがとうございましたー! 途中、

あげかたが分からなくなって全然あげなくなったり、

コメントがすぐ埋まってしまい、

なかなかコメントできなかったりとはちゃめちゃなググタスの使い方でしたね…

すいません」とつづった。

卒業公演を終えた心境について、

「心がスッキリしています! 

次のステップに行く準備をしていたから、

『今日までのメロディー』の歌詞にあったように本当に後悔はありません。

全部やりきりました」ときっぱり。

「そう思えるAKB48人生を送れたこと、

誇りに思うし、

それも応援してくれたみなさんのおかげでもあるから感謝してます」と感謝した。

さらに「生まれ変わっても、

大島優子に生まれて、

この人生を歩みたいなぁ」と願った。

最後に、

「あっ! 

あと、

これが最後のググタスになるけど、

在籍メンバーのググタスに出してもらえるようにするから、

チェックし続けてね!(笑い) 

本当にありがとうございました!!」と締めくくった。

その後、

大島のページは9日深夜0時に閉鎖。

文字通りAKB48として最後の投稿となった。

大島優子が卒業公演終了後、

マスコミ各社による囲み取材に応じた。

質疑応答は次の通り。

 -つらかったことは

 優子 

うーん…。

ないですね。

いや、

いっぱいありますよ。

あるんですけど、

これっていうはっきりしたものは浮かばないです。

富士登山がきつかったり、

バンジージャンプやったりとか、

スカイダイビングやったりとか、

冬なのに窓全開の車に乗った罰ゲームやったりとか。

いろいろやったんですけど、

全部楽しかったんですよね。それがあって、

「何でもやっちゃえ」みたいな精神があります。

 -自分の後継者は

 優子 

後継者はいらないです。

跡を継ぐってすごい面倒くさいし、

大変だし。

だから、

負担を掛けさせたくないので、

いらないです。

みんなオリジナリティーで頑張ってほしい。

 -今回の総選挙で渡辺麻友が1位

 優子 

うれしかったです。

どんなメンバーが1位でも喜べたと思いますし、

今後のAKB48が楽しみになったと思う。

でも麻友は総選挙でいつもいいところまで来てて、

でもセンターになったことがなかった。

とにかくストイックなアイドル人生を送っているので、

栄光を手にしてほしかったという気持ちがあったので、

素直におめでとうという思いでした。

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
「戦友」と語ったことをうれしく思っていた ブログトップ