So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカーを愛する者として ブログトップ

ウカスカジー『勝利の笑みを 君と』(サッカー日本代表公式応援ソング/ 「夢を力に2014」テーマソング) [サッカーを愛する者として]

ウカスカジー

『勝利の笑みを 君と』

(サッカー日本代表公式応援ソング/ 「夢を力に2014」テーマソング)

ウカスカジーの新曲『勝利の笑みを 君と』

(サッカー日本代表公式応援ソング/

「夢を力に2014」テーマソング )が日本サッカー協会

「夢を力に2014」ステートメント映像にて楽曲視聴開始!

ウカスカジーよりコメントも届いておりますので、

楽曲、

映像とあわせて是非ご覧下さい!!

バカみたいに音楽を、

そしてサッカーを愛する者として

その二つに共通してある素晴らしさ

それがなんだかは はっきりとはわからないけど    

それがなんであるかを感じ取ってもらえるような、

そんな曲を

愛情を込めてカタチにしました。

是非とも聞いてみて下さい。

ウカスカジーの勝利の笑みを 君と

めっちゃいい曲ですよね

めっちゃくちゃ励まされてます!

勝利の笑みを 君とは、

桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニットウカスカジーのアルバム

「AMIGO」に収録されている作品。

サッカー日本代表の応援ソングとなっています。

14日(日本時間15日)にW杯1次リーグC組で

日本と対戦する

コートジボワールのラムシ監督は13日、

公式記者会見で「全ての選手は準備ができている」と話し、

足を痛めていたY・トゥーレ(マンチェスター・シティー)の

起用に見通しが立ったことを示唆した。

ラムシ監督は個別に名前を挙げることはなかったものの

「誰もが100%とは言えないが、

全体的な体調は回復している」と強調。

会見後の公式練習でも、公開された冒頭約30分間、

Y・トゥーレも含め、

23人全員がボールを使った練習などに取り組んでいた。

一方、

ラムシ監督は日本について「ザッケローニ監督が率いてからは大きく進歩し、

得点も多く入れている。

(C組は)コロンビアがやや優位で、

日本とコートジボワールが続いている」と分析。

「明日は簡単な試合にならないと思うが、

日本を苦しめたい」と抱負を語った。

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は13日(日本時間14日)、

1次リーグB組で2連覇を狙うスペインが、

前回大会決勝の相手オランダに1−5で敗れ、

黒星スタートとなった。

C組の日本は14日午後10時(同15日午前10時)、

当地でコートジボワールとの初戦に臨む。

13日(同14日)は公式会見が行われ、

ザッケローニ監督は「特に重要な試合」と、

初戦重視の考えを改めて口にした。

日本は過去4回のW杯初戦で1勝1分け2敗。

引き分けた2002年と白星発進した

10年は決勝トーナメントに進出したが、

ともに敗れた1998年と06年は1次リーグで敗退した。

「初戦が全てだと思っている」

(DF吉田麻也)と選手たちも初戦の重みを理解している。

ただし3大会連続3回目出場のコートジボワールは難敵だ。

世界ランキングは日本の46位に対し、

23位。

06年はアルゼンチンとオランダ、

10年はブラジルとポルトガルという強豪と同組の不運もあり、

1次リーグで敗退した。

だが、

今回は「いい組に入った」(DFゾコラ)。

相手の気の緩みからくる隙(すき)を、

日本は速く精度の高いパスワークで突いていけるか。

決戦は近づく。

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、

日本代表の初戦を翌日に控えた14日、

高知県立坂本龍馬記念館(高知市)の

龍馬像が「サムライブルー」のユニホームに着替えた。

高さ約1.8メートルの龍馬像に、

前と後ろから2枚のユニホームをつなぎ合わせて着せた。

背中には「RYOMA」の文字、

胸には家紋もある。

幕末の「中心選手」はW杯期間中、

日本戦のたびに「10番」を背負う予定。

地球の反対側の日本代表にも

「負けたらいかんぜよ」の声援が届くはず。

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、

1次リーグC組の日本代表は

14日午後10時(日本時間15日午前10時)から、

コートジボワール代表との初戦に臨む。

ザッケローニ監督はコートジボワール戦の先発メンバーについて、

「基本的にはすでに決めている。

まだ時間はあるので、

さらに考える。

特に重要な試合。

早く全てを決めたいということではない」と語った。

基本の戦術は変えないものの、

試合では高温多湿が予想されるだけに、

誰が良いコンディションで試合に臨めるか、

直前まで見極める姿勢を示した。

体格で上回るコートジボワールの方が体力面で有利という見方には、

「各チームは、

それぞれの特長を出そうとしている。

フィジカルは重要だが、

相手はそれだけでなく、

持っているものを全て出すだろう。

重要ではない」と反論した。

長谷部(ニュルンベルク)も

「サッカーに絶対はない。

可能性はいくらでもある。

可能性を広げる意味では、

自分たちのサッカーをどこまで表現できるか」と

スピードや精度の高い技術を生かして、

勝負に挑む。

試合会場となるレシフェは、

昨年のコンフェデレーションズカップで、

監督の母国であるイタリアと対戦し、

善戦しながら3−4で敗れた地。

ザッケローニ監督は「この4年間で非常に内容のいい、

最高のゲームだった。

負けたので、

いい記憶ではないが、

いい経験だった」と振り返った。

経験が糧になるか。

結果が分かる時が迫る。

日本が、 

世界のファンが、

応援しています。

いい試合が見れますように。

ecar
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカーを愛する者として ブログトップ