So-net無料ブログ作成
検索選択
羽を伸ばしすぎた ブログトップ

グラビアタレントとの不倫交際を報じられた、浜ちゃん不倫FAXに思う芸能界のお作法 [羽を伸ばしすぎた]

浜ちゃん不倫FAXに思う芸能界のお作法

グラビアタレントとの不倫交際を報じられた

ダウンタウン浜田雅功(51)が、

「羽を伸ばしすぎた」とのコメントを発表した。

芸能マスコミとしては本当は会見を開いてほしかったが、

最近では珍しい

「所属事務所を通じての署名ファクス」という

対応をしただけでも評価したいのである。

写真週刊誌

「フライデー」の早刷りがマスコミ各社に届いたのは12日。

14日に浜田がコメントを出すまで何やら時間がかかったが、

13日に相方松本人志が番組収録で

「白米3杯はいける」と

面白がってネタにしたのをきっかけに

署名コメントを作成。

翌日、

吉本興業からファクスで各社に公表された。

最近は

「所属事務所を通じてファクス」だけでも

相当真っ当なマスコミ対応だったりするので、

老舗事務所と看板タレントの律義な仕事ぶりに見えてしまった。

そもそも、

冠婚葬祭やスキャンダル系のコメント出しでは

「所属事務所を通じて」という手続きが激減しているのだ。

たいがいは「ブログに書きます」のパターン。

マスコミ各社のファクス番号を控えない広報でもできる上、

何よりブログの絶好の宣伝になる。

タレントの日記の延長のようなカジュアルさは演出できるけれど、

「所属事務所が責任を持って対応した」という

フォーマルさが感じられないのだ。

「ブログに書きます」ならまだいい方で、

ここ数年は「居留守」もひとつのジャンルになりつつある。

「担当者が外出中」とか

「折り返す」などどといつまでもすっとぼけ、

ある日バラエティー番組を見ると

ぶっちゃけトークをして出演チャンスを得ているパターンだ。

今風では済まないイージーな

事務所にあっけにとられることが多いので、

きちんと広報担当者がいるちゃんとした事務所が

相手だとほっとするのも事実である。

振り返れば、

90年代までは、

スキャンダルが明るみに出たタレントはファンに向けて

会見を開くのが当たり前だった。

音楽業界はミリオンセラーが

毎年40作くらいある全盛期であり、

俳優勢は映画、

舞台、

ドラマなどの主戦場で活躍していた時代。

歌手も俳優も目に見える形で

「ファン」がいたため、

自分の口から喜びや謝罪などの報告をしないと

がっかりさせてしまうかもという

責任感や戦略があったように思う。

実際、

90年代まではダウンタウンも

不倫や交際発覚などで会見を開いていた。

しかし、

90年代半ばから会見よりもファクスで済ます時代になった。

誰から始まったスタイルかは分からないが

「質問を受けずに言い分だけ伝えられる」

都合の良さから一気に広まった。

タレントにとっても、

ファンの目線がどこにあるのか分かりにくい時代になり、

会見を開く意味をイメージしにくくなったのだと思う。

芸能界のファクス化が残念すぎて、

94年に名作を集めた

芸能人ファクス大賞」なる企画記事を掲載したことがある。

読み返すと、

このころはまだ

「一報へのコメントはファクスで済ませ、

後日会見を開く」という二段構えの時期だった。

文章もほとんどは手書きだったことに驚く。

記事では出川哲朗の結婚報告ファクスを

勝手にグランプリに選んだけれど、

丁寧なクセ字で

「日本一抱かれたくない男のところに

日本一のお嫁さんが来てくれました」と書かれ、

読み手の心を打つ名作でもあった。

ファクスはその後、

直筆でもなくなり、

ブログになり、

最近はツイッターで報告する例も出てきた。

ここまでくると、

事務所が仕切ってくれないレベルの

タレントなんだろうかと心配になってしまう。

公の場を設けるより、

ファンとの閉じた空間の方が

ローリスクであるという選択がここまで

進化してきたけれど、

今や既存のマスコミよりも、

街でいきなり向けられる写メや

「○○が表参道でデートしてる」という

無法ツイートなどの最小メディアの方が

よほど脅威になっているのは皮肉な話だ。

浜田に話を戻せば、

自身のフィールドである冠番組でうまくネタにして

コメントの代用とすることもできたろうに、

まず公にメッセージしてみせた。

内容も、

反省と、

家族への思いと、

お笑いタレントらしい面白さと、

しょんぼりしている様子が伝わってくる率直なものだった。

そもそも影響力のある芸能人は

その人自身がメディアなので、

ブログをやっていないケースが多い。

「浜田がブログで発表した」なんて記事を読まずに済み、

心底ほっとしている。

13日発売の写真週刊誌

「FRIDAY」にFカップのグラビアアイドル

吉川麻衣子(29)との不倫を報じられた

ダウンタウンの浜田雅功(51)が14日、

報道各社にFAXでコメントを寄せた。

「発売中の週刊誌の件では大変お騒がせし、

誠に申し訳ございません。

特に家族には、

大変辛く、

恥ずかしい思いをさせてしまいました。

家族で話し合い、

一家の主として、

親として、

心から謝罪致しました。

常日頃、

妻は『芸人はモテなくなったら終わり、

家族に迷惑をかけない遊びは大いに結構』

と言ってくれていましたが、

その言葉以上に羽を伸ばし過ぎ、

その羽は、

家族にへし折られました。

家族にこの様な思いをさせまいと猛省しております。

皆様にはこれまでどおり、

私たち家族を温かい目で見て頂ければ幸いです」

ダウンタウン浜田雅功(50)と

ロンドンブーツ1号2号田村淳(40)が

5日、

MBS系列『ごぶごぶ』の収録でロッテ戦の試合前練習中、

オリックスベンチを訪れた。

浜田が親交の深い星野伸之投手コーチ(48)を激励。

4月を首位で終えるなど好調ぶりに

「すごいな!」と驚いた様子。

田村も「これからオリックスを応援します」と宣言していた。

お笑いコンビ、

ダウンタウンが23日スタートのTBS系新バラエティー

「水曜日のダウンタウン」(水曜後10・0)の初収録を東京・赤坂の同局で行い、

爆笑トークを展開した。

同番組は、ゲストの芸能人らが勝手に信じている定説を独自の視点で解説。

実験ロケなどを交えて徹底検証し、

議論を交わすトーク&情報エンターテインメントだ。

収録ではロンドンブーツ1号2号の田村淳(40)が

「スケバンは絶滅した」との定説を主張。

松本人志(50)が

「うちの姉ちゃんスケバンで、

ぺらっぺらのかばん持ってた」と証言する中、

番組が総力を挙げてスケバン探しを敢行。

意外な結果に出演者がどよめく一幕もあった。

収録後、

取材に応じた松本は、

ビートたけし(67)や

明石家さんま(58)らのように


「売れる芸人には“し”がつく」との定説を披露。

一方の浜田雅功(50)は松本の定説として

「昔は不機嫌な顔で楽屋に入ってたけど、

子供ができてからやさしくなった」と暴露。

これには松本も苦笑いで、

「お前はいつも怖いねん」と切り返すのが精いっぱいだった。

いいですな、

有名人は、

得しますね。
 
ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
羽を伸ばしすぎた ブログトップ