So-net無料ブログ作成
検索選択
再び風速が17.2メートルを超えて台風になる ブログトップ

熱帯低気圧にランクダウンしていたのですが、台風7号が「復活」しました [再び風速が17.2メートルを超えて台風になる]

台風が「復活」 

台風7号、

九州に接近へ

台風7号が「復活」しました。

南シナ海で発生した台風7号は、

中国大陸に上陸し、

熱帯低気圧にランクダウンしていたのですが、

東シナ海に出たあと再発達。

17日正午に、

「台風」に再昇格しました。

17日夜には、

九州の南に進む見通しで、

九州南部を中心に大雨や強風、

高波に警戒が必要です。

熱帯低気圧などにランクダウンしたあと再び台風となる

「復活台風」は、

2009年の7号、

17号など、

数年に一度はあります。

ただ、

復活後に本州付近に接近した台風は、

近年ではありません。

復活台風の多くは、

一度、

陸地に上陸し、

海面からの熱や水蒸気の補給が断たれて衰弱。

中心付近の風速が17.2メートル未満となって

熱帯低気圧にランクダウンしたあと、

海上に出て熱や水蒸気を補給し、

再び風速が17.2メートルを超えて台風になるという

ケースがしばしば見られます。

今回もこのパターンでした。

台風7号が通過中の東シナ海は、

海面水温が25℃前後。それほど高くはなく、

台風として発達できるのに、

ぎりぎりの水温といったところです。

ただ、

6月なかばとなり、

日本近海でも台風が発達できる季節になってきているとは、

認識したほうが良いでしょう。

今年は、

これまで7個とハイペースで台風が発生。

今後は海水温が上がり、

さらに台風が発生しやすい環境となってきます。

台風に気が抜けない季節になってきました。

台風7号は17日夜遅くから18日未明にかけて、

九州南部に最も接近する見込み。

九州南部・奄美地方では、

土砂災害、

低地の浸水、

河川の増水やはん濫に警戒するとともに、

強風、

高波、

落雷、

竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

九州南部・奄美地方では、

17日夜遅くにかけて、

局地的に雷を伴って1時間60ミリの

非常に激しい雨が降るおそれがある。

これから18日夕方までに予想される雨量は、

屋久島・種子島地方150ミリ、

薩摩・大隅地方120ミリ。

土砂災害、低い土地の浸水、

河川の増水やはん濫に警戒が必要だ。

九州南部・奄美地方では18日にかけて、

海上を中心に非常に強い風が吹き、

しける見込み。

18日にかけて予想される最大風速は20メートル、

最大瞬間風速は30メートル、

波の高さは4メートル。

台風7号は九州南部に最も接近した後、

日本の南を東北東に進み、

18日朝までに温帯低気圧に変わる見込み。

きょう17日は、

沖縄から九州南部では、

局地的に非常に激しい雨の降る所があり、

落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

きょう17日は、

奄美地方付近に梅雨前線が停滞し、

前線上の低気圧があす

18日朝にかけて種子島・屋久島地方を通過する影響で、

沖縄から九州、

中国、

四国地方で雨が降る。

特に、

沖縄から九州南部では、

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで

大気の状態が不安定になる。

このため、

落雷や竜巻などの激しい突風が発生するおそれがあり、

局地的に

1時間に50ミリ以上の非常に

激しい雨の降る所もありそうだ。

これまでの雨で地盤の緩んでいる所があるため、

土砂災害に注意が必要となる。

北日本や関東も大気不安定

北日本や関東も、

上空の寒気や気温の上昇などの影響で

大気の状態が不安定となるため、

天気の急な変化に注意が必要だ。

気象庁によると、

16日に台風7号から変わった熱帯低気圧が再び発達し、

17日12:00、

東シナ海で台風7号となりました。

18日には四国の南に達する見込みです。

台風7号の接近に伴って、

梅雨前線の活動が活発になることから、

前線付近の奄美や種子島・屋久島地方を中心に、

落雷・竜巻などの激しい突風・短時間の強い雨に注意が必要です。

気象庁では、

土砂災害・低地の浸水・河川の増水やはん濫に警戒するとともに、

強風・高波・落雷や竜巻などの

激しい突風に注意するよう呼びかけています。

■九州南部・奄美地方

【雨】

・1時間降水量(~17日夜遅く)

 鹿児島県(奄美地方を除く) 60mm

 奄美地方         40mm

 宮崎県          40mm

・24時間降水量(17日18:00~18日18:00)

 鹿児島県(奄美地方を除く) 150mm

 奄美地方         120mm

 宮崎県          100mm

※17日夕方~17日夜遅くにかけて、

局地的に雷を伴い1時間に40mm~60mmの非常に激しい雨が降るおそれ。

【風】(~18日)

・最大風速

 鹿児島県(奄美地方を除く) 20m/s

 奄美地方         18m/s

 宮崎県          15m/s

・最大瞬間風速

 鹿児島県(奄美地方を除く) 30m/s

 奄美地方         30m/s

 宮崎県          25m/s

【強風域に入る時間帯】

 17日夜のはじめ頃・・・奄美地方

 17日夜遅く・・・・・・薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方

 18日未明・・・・・・・宮崎県

【波】(~18日)

 鹿児島県(奄美地方を除く) 4m

 奄美地方         4m

 宮崎県          3m

防災事項

・警戒:土砂災害、低地の浸水、

河川の増水やはん濫

・注意:強風や高波、

落雷や竜巻などの激しい突風

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、

頑丈な建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
再び風速が17.2メートルを超えて台風になる ブログトップ