So-net無料ブログ作成
AKB48の特別ユニット「チームサプライズ」 ブログトップ

大島優子、卒業わずか9日でサプライズ“復帰” OG大集合に同窓会気分 [AKB48の特別ユニット「チームサプライズ」]

大島優子 

卒業わずか9日でサプライズ“復帰” 

OG大集合に同窓会気分

AKB48の特別ユニット「チームサプライズ」が18日、

横浜市内で開かれた京楽産業.の新機種

「ぱちんこAKB48 バラの儀式」の展示会で

ミニライブを行い、

9日に卒業した元メンバーの大島優子(25)が登場した。

卒業後わずか9日での“スピード復帰”。

パチンコ用の新曲

「未来が目にしみる」など

2曲のパフォーマンスに参加した。

チームサプライズの名にふさわしいビッグサプライズだった。

パチンコの映像演出のために、

48グループ主要メンバーで結成された

「チームサプライズ」の第2弾。

新曲を披露する際、

メンバーが整列すると、

端から2人目にいるはずのない元エースの姿があった。

高橋みなみ(23)から

「卒業したじゃないですか!?」と不思議がられると、

大島は

誕生日:1988年 10月17日

星座:てんびん座

出身地:栃木

血液型:B

「AKB48は卒業しましたが、

チームサプライズは卒業してません!!

サプライズということで、

来させていただきました」と涼しい顔。

慣れ親しんだセンターポジションで歌い踊って、

大歓声を浴びた。

女優を目指し、

仲間に別れを告げてから9日。

卒業翌日から、

サッカーW杯の仕事で2泊6日でブラジルへ渡る多忙ぶり。

ソロ活動の順調なスタートを切る一方、

再びアイドル衣装に身を包むと、

「(パチンコでの)チームサプライズの公演では、

新しいAKB48が楽しめると思います」と笑顔を振りまいた。

最後の曲

「AKBフェスティバル」では、

同じく元メンバーの板野友美(22)、

歌唱後のトークには、

1時間半前に都内でテレビ生出演を終えたばかりの

篠田麻里子(28)も加わった。

OG大集合に高橋は、

「曲は『未来が目にしみる』ですけど、

懐かしい光景が目にしみました」と同窓会気分に浸っていた。

今夏導入のパチンコ新機種

「ぱちんこAKB48 バラの儀式」(京楽産業)のために

結成されたAKBの限定ユニット

「チームサプライズ」が18日、

横浜市の横浜アリーナで行われた新機種発表会

「SURPRISE FESTIVAL」でライブを行い、

今月9日に卒業した大島優子(25)や

OGの篠田麻里子(28)、

板野友美(22)らがサプライズ登場した。

客席がどよめいた。

同機種のオリジナル曲

「未来が目にしみる」を歌う直前、

大島がメンバーに紛れているのを

ファンが発見し“優子コール”。

大島は「AKBは卒業しましたが、

チームサプライズは卒業していません」と

何事もなかったかのようにパフォーマンスした。

その後、

板野や篠田も

「AKBは卒業しましたが…」と同じ決めぜりふで続々と登場。

AKB創成期の人気メンバーが勢ぞろいし、

約500人のファンからは大歓声が起こった。

総監督の高橋みなみ(23)は

「チームサプライズですが、

私たちにもサプライズだった」とうれしそう。

また、

スロットの新機種「ぱちスロ必殺仕事人」のPRで

俳優・京本政樹(55)も同席し

「僕もAKBに入らせてもらって、

来年の総選挙何位に入るかな~」と笑いを誘っていた。

AKB48・大島優子(25)が9日、

東京・秋葉原のAKB48劇場で最後の公演に臨み、

グループを卒業した。

2006年4月にアイドル人生をスタートさせた

原点の場所でのラストステージ。

笑いあり、

涙ありの温かい雰囲気のなか

「ヘビーローテーション」など23曲を披露した。

卒業にともない、

ご法度だった恋愛が解禁となり、

公演後の会見では「27歳までに結婚したい。

好きなタイプは藤井フミヤさん」と明かした。

アイドル人生を踏み出した思い出のステージに別れを告げた。

「コンサートで7万人を埋め尽くすようになっても、

250人収容の劇場が原点です。

8年間で培ったものを自信にして、

次のステージに歩んでいきたいと思います」。

大島は時折、

涙を見せながらも笑いを織り交ぜて、

明るく有終の美を飾った。

キャプテンを務めたチームKに高橋みなみ(23)、

指原莉乃(21)らを加えた

オールスターキャスト41人によるラストステージ。

最後はやっぱり、

代表曲「ヘビーローテーション」で締めた。

「ファンがプレゼントしてくれた曲。

この曲のおかげで羽ばたくことができました」と語り、

「ワン、ツー、スリー、フォー」のかけ声から元気いっぱいに歌い上げた。

公演後は恒例となっている壁に飾られた顔写真を外し、

2階のベランダから劇場外に集まったファンの声援に応えた。

公演後の会見では解禁されたばかりの恋愛トークで盛り上がった。

「27歳までに結婚したい。

10代の頃からの憧れなんです」と結婚願望を告白。

好みのタイプは「お父さんみたいに頼りがいのある人。

芸能人では藤井フミヤさん」。

劇場公演前のフジテレビの番組では交際している人はいない

としたうえで

「19歳のときから27歳までに結婚したいと思ってました。

来年には結婚したい」。

27歳の誕生日となる15年10月17日にリミットを設定。

「子供は20代までに2人。

30代であと3人くらい。

最低3人、

最高で5人ほしい」と話した。

夢は女優で共演したいのは香川照之(48)。

前田敦子(22)は卒業後、

ソロシングルを出しているが大島は

「歌はあんまりやりたくない。

好きなんですけど人前で歌うレベルじゃないので。

大勢ならごまかしが利くんですけど

ソロだと悪い歌声だと思う」と演技一本で勝負していくと語った。

1000人以上が集まった劇場前のファンに向かって大島は

拡声機で「またどこかで会いましょう」と叫んだ。

アイドルから女優へ、

新たな第一歩を歩み出す。

AKB48・大島優子(25)の卒業コンサートが8日、

東京・味の素スタジアムで7万人の観客を動員して行われた。

当初、

3月30日に国立競技場で開催予定だったが、

荒天で延期に。

この日もあいにくの天候だったが、

開演1時間ほど前に雨がやんだ。

握手会女王として人気を獲得した大島らしく、

全メンバー263人と20分43秒間、惜別の握手を交わし、

空中ブランコにも挑戦。

9日には東京・秋葉原のAKB48劇場で最後のステージに立つ。

誰よりもファンとの触れ合いを大切にして、

トップアイドルへと上り詰めた

握手会女王にふさわしい20分43秒間のセレモニー。

大島は70万人と接してきた

握手会と同様にステージ中央で263人に惜別のメッセージを送り、

最後に高橋みなみ(23)と抱き合って大粒の涙をこぼした。

7万人のファンには「私に出会ってくれて、

本当にありがとうございます」とあいさつ。

大歓声を浴びるとニヤリとして「これから

AKBでイチオシがいるのはいいけど、

芸能人のイチオシは?」と呼びかけ、

客席にマイクを向けると「ゆうこー!」の大歓声。

「これからも推しメンでお願いします」とおねだりした。

最後は自身の代名詞である

「ヘビーローテーション」に合わせて、

白い花が飾られたブランコでフライング。

メーンステージから

推定150メートル前方の

サブステージへと30メートルの

上空を声援に応えながら空中散歩して、

「AKB48が大好きです。

いってきまーす!」。

明るく元気な大島らしく笑顔で締めた。

無念の延期から約2か月。

悔しさを晴らすように最初からパワー全開。

大島はバラード曲「泣きながら微笑んで」を

しっとりと歌い上げたと思えば、

「Everyday、カチューシャ」

「フライングゲット」などヒット曲を

「変幻自在のエンターテイナー」のキャッチフレーズにふさわしい

パフォーマンスで披露した。

晴天にはならなかったが、

開演前に雨はやみ、

曇り空に。

大島は空を見上げ、

「バッチリだよ、お天道様! 

雨が降らないだけで十分」と呼びかけた。

高橋みなみは「国立の借りを返しに来たぞ! 

私たちが優子を照らす太陽になります」と語りかけ、

会場を沸かせた。

峯岸みなみ(21)に

「優子にとってAKB48とは何?」と聞かれると間髪入れず

「人生の宝物でございます」と即答。

まさに宝物のような8年間を凝縮したステージとなった。

ファンも大島が所属したチームKを象徴する緑色の

サイリウム(ペンライト)を振って声援を送り続けた。

9日には原点である秋葉原の劇場でアイドル人生のラストを飾る。

女優の剛力彩芽(21)が8日、

東京・銀座にオープンしたイタリアのファッションブランド

「ウィークエンド マックスマーラ銀座店」のセレモニーに出席した。

同社製の赤い花柄のワンピース姿で登場すると

「毎日着たくなりますね」とご機嫌。

この日卒業セレモニーを行ったAKB48の大島優子とは、

11年10月期のフジ系ドラマ「私が恋愛できない理由」で姉妹役を演じており、

「(共演時は)とても優しくしていただいたので、

また一緒にお仕事ができたら。

今度会ったら、

『おつかれさまでした。

これからもよろしくお願いします』と声をかけたい」と

エールを送った。

あっという間に、

復帰しましたね。

ファンとして、

嬉しい限りです。

ecar

AKB48の特別ユニット「チームサプライズ」 ブログトップ