So-net無料ブログ作成
検索選択
本田圭佑 目 二重について ブログトップ

本田圭佑は、頂点を極めている男、左右に目が触れている事で色々気になったことでしょう [本田圭佑 目 二重について]

本田圭佑 目 二重について。


本田圭佑はサッカー界で、

かなり話題になっていました。




この記事を読まれている人は

本田圭佑選手の目が気になるところでしょう。



今まで、 

本田圭佑選手の目はギラギラしていたり

吐出しているように見えたり

左右に目が触れている事で色々気になったことでしょう。



本田圭佑選手の目をよく見てみると

左目が今度は二重になっていましたね!



そして本田圭佑選手も左目に手を当てたりして

明らかに目が気になっているようでした。



ネットでも本田圭佑選手の目に関して色々書かれていますので

本田圭佑選手自身も逆に気にしてしまうのでしょう。


元々本田圭佑選手は目は奥二重。


なのですが今回のオランダ戦では左目だけ

かなりはっきりとした二重になっていたので

なぜ本田圭佑選手の目が二重になっているのか?

気になった人もいるのでしょう。



半年前に本田圭佑選手の目がおかしいことが話題になりましたが

ここ最近の本田選手の目を見てみると

明らかに目のギロギロ感、目が左右に振れる感じは

マシになってきています。



まあ整形で二重にすることは考えられないので

目が一時的に二重になってしまったと考えられます。



今回のオランダ戦の本田圭佑選手の目を

じっくり観察していましたが

それほど病的な異常ではないと考えられます。




本田圭佑の目、

気持ち悪くないですか!?

みなさん、

ワールドカップ出場が決定して一夜明けた記者会見の時の本田の顔見ました?


なんであんなに瞳孔が開いてクマだらけのキモい目になっちゃったんですか!?


インタビューのビデオをスロー再生して見てください。

毎回のまばたきがきちんと閉じていないのです。

これは眼輪筋が弱いことが原因で起きる「瞬目不全」という状態です。


眼輪筋がしっかり動かないから眼輪筋やその周りの組織に

「血行不良」が起こりクマができるのです。

知恵ノートの「目のクマの本当の原因その解消法」

見てください。



おそらく元々彼はドライアイだったと思いますよ、

そのドライアイを無視してレーシックやるとドライアイはますますひどく


「レーシック難民」と云われるようになるのです。

現代は6才の子供達からこの様なドライアイ、

クマ大勢いるのですよ。


補足

上の書き込みのように

そうそう、

黒目が左右にかなりの早さでぶれていました、

これは意識的な(1人だけを見て話すのではなく全体を見て均等に話すために視線を動かす、

というのとはちょっと違った動きのように見えました)動きではないような感じで、

私も気になりました。



本田圭佑 目 真実 [本田圭佑 目]

本田圭佑 目 真実について。


本田圭佑選手の目に関して色々噂が立てられています。

そもそも噂が出始めたのは

ワールドカップアジア最終地区予選での話。



オーストラリア戦での本田圭佑選手の目がギラギラしていて

瞼(まぶた)が腫れぼったくなり

更には目がキョロキョロ左右に動くので

何かがおかしいと多くの人が思ったそうです。



そして本田圭佑の目に関して様々な憶測がたてられました。

果たして本田圭佑選手の目の真実はどうなのでしょうか?



まず本田圭佑選手の目の病気に関して憶測が立てられている

病気を一つ一つ紹介します。



●レーシックの失敗で本田圭佑選手の目がおかしくなった

 これは真実?


まず噂が取りざたされたのが

レーシック手術の失敗による後遺症です。



本田圭佑選手は元々目の視力が近視で悪く

視力が0.4だったそうです。


それをレーシックの手術により

0.4から2.0になったそうです。



一見してみると0.4から2.0になったので

めでたしめでたし!

と言いたい所ですが、レーシック業界では

いきなり視力を2.0にするのは

「過矯正」であまり良くなりらしいです。




そして怪我以外あまり普段試合で欠場するこがない本田圭佑選手が

熱などの体調不良で休みがちだったことから

レーシック手術の後遺症ではないか?

などと言われていました。




レーシック手術の後遺症に関して

本田圭佑選手は

「マスコミで色々あることないこと書いてくれて

感謝しています」

とのコメント。



更には本田圭佑選手の事務所側が

「レーシック手術の後遺症はない」

と完全否定。



また多くのレーシック手術の後遺症で悩む人の相談に受けた医師いわく

レーシックの後遺症で目が左右にキョロキョロ動くような

症状は出ないそうです。




ということで

本田圭佑選手の目の真実に関してし

レーシック手術の失敗はないかと思われます。



●本田圭佑選手はバセドウ病で目が吐出してきている!

真実は?


続けて本田圭佑選手の目の異常は

バセドウ病になって目が吐出してきているのでは?

という噂が飛び交いました。


バセドウ病とはホルモンの病気です。

喉の辺りに甲状腺という体の部分があります。


甲状腺というところから甲状腺ホルモンというホルモンが出るのですが

甲状腺ホルモンが過剰に出過ぎると

バセドウ病という病気になってしまいます。


バセドウ病になると

呼吸が早くなる

代謝が上がり汗が異常に出る

喉周辺が腫れてくる

目が吐出してギラギラしてくる

などの症状が出てきます。



最近の本田圭佑選手の目をよく見てみると

確かに目が吐出してきて

目がギラギラしてきているようにみえるのも確か。



そういう見た目から本田圭佑選手の目の異常は

バセドウ病になってしまったからだと言われています。



バセドウ病にはサッカー選手の三浦知良選手の兄もかかっていますし

歌手の絢香さんもかかっています。



結構一般的な病気かもしれません。


バセドウ病になれば呼吸も早くなるし

汗も異常に出て体もしんどいはず。


なので激しいサッカーは到底できないので

恐らくバセドウ病はないかと思います。


ただしあれだけ気が強い本田圭佑選手のことなので

もしバセドウ病で苦しんでいでも時期が来るまでは

公表はしないかもしれません。


いずれにせよ真実は語られていないのが現状です。



●本田圭佑選手はギランバレー症候群で目がおかしくなった! 

真実は?


続けて本田圭佑選手の目の異常はギランバレー症候群

からくるものでは?

という噂も飛び交いました。


ギランバレー症候群ってどんな病気かというと

体のあちこちが痛くなったり体中の神経に異常が出たり

体のあらゆる関節が痛くなったりする病気です。



国が指定する難病でなかなか治らないと言われています。



そしてギランバレー症候群になると

目にも異常が出るとのこと。



確かに目の異常が出るギランバレー症状群ですが

なぜこれほど言われているのかというと

過去に本田圭佑選手がインフルエンザにかかって

試合をやんだことがあるからです。



インフルエンザとギランバレー症候群がどのように関係するかというと

インフルエンザにかかるとインフルエンザ合併症というものに

かかりギランバレー症候群になってしまうことがあるからです。



本田圭佑選手が今のところまだ所属している

ロシアのチームの監督が

本田圭佑選手がインフルエンザになってしまって

あらゆる治療をしていたことを認めています。


ただインフルエンザになったのは2013年2月ごろ。

目の異常が噂されたのが2013年4月なので

時系列に考えるとどうなのでしょうか・・・


すでに元気に代表試合で活躍している本田選手を見てみると

ギランバレー症候群にはなっていないように思われます。


もしなっていたら体のあちこちが痛くなって

激しいプレーも出来ないでしょう。



更にはACミランにも移籍が決まったので

尚更病気で契約することはないと思います。



最近になってきて本田圭佑選手の目の状態も

治ってきたと言われていますし。



よっぽど激しい動きをした時に目がギョロッとすることはあるようですが

スポーツ選手で激しい動きをしていたら

そりゃ目つきもぎろぎろしてくるだろうとも思われます。



いずれにせよ本田圭佑選手の目の真実はまだはっきりしませんが

おそらく何の病気にもかかっていないと思われます。



ただ体調が不調で目の調子が悪かったのは事実かもしれません。


本田圭佑 嫁 エピソードについて。

ACミランの移籍も決まりますます乗りにのっている

本田圭佑選手と嫁さんとの出会い

馴れ初めも

ストーリーがあって男前すぎるというか

なかなかないですね!


でもこんな感じで告白されたら

女性もコロッといってしまうのかもですね。

本田圭佑選手は随分前に結婚していただけでもビックリですが・・・


では本田圭佑選手と嫁さんの馴れ初めについて 詳しく説明してきましょう。



本田圭佑選手は、ガンバ大阪ユースに所属できなくなり

石川県の星陵高校の進んだのは有名な話。


ここでサッカー人生第一の挫折を味わった訳です。

そして金沢西高校と練習試合をしていた時のこと。


実は本田圭佑選手の嫁さんは

金沢西高校のサッカー部のマネージャーをしていたそうです。

その時に本田圭佑選手は金沢西高校のサッカー部のマネージャーさんに

一目惚れしたんでしょうかね。

試合では星陵高校は金沢西高校をボコボコにしたそうです。


更には試合終了後に

金沢西高校のサッカー部のマネージャーさん

(現、本田圭佑選手の嫁さん)に

駆け寄っていき

「俺と付き合って欲しい!」と告白したそうです。


普通ならなかなかないシュチュエーションでドラマのようですね。

そして本田圭佑選手の嫁さんは

おもわずすぐに「は、はい」とOKを出したそうな。


本田圭佑選手と嫁さんは遠距恋愛もしながら

ずっと愛を育み2008年に見事結婚。


結婚から数年が経過しましたが本田圭佑選手は

今でも嫁さんにべたぼれだそうですね。


二人は不妊説も騒がれましたが

実はお子さんはしっかりいるそうです。


嫁さんは結婚前に保母さんをしていたそうで

母性も強いのかも知れないですね。



本田圭佑選手は嫁さんのことを

「嫁の飯は最高に美味い。

今の自分があるのは嫁のおかげ」

と言っています。


ちなみに本田圭佑選手の名言をまとめてみました。


・「奥さんとかいつでも傍にいてくれて、「いつでも弱音を吐いていい」と

言ってくれたとしても、それは男としてするべきじゃない。

戦場に奥さんは連れて行けない。」


・出る杭は打たれるっていうけど、出すぎた杭は打たれないんや。


・人生24時間の一日のなかで余った時間は他にもあるわけですよ。

それを他の奴が休んでる間に走ることに着手すれば、


プラスαこのちょっと伸びたら凄いことになる。



・人って誰しもが、

上手くいかなかったときとかに、

ちょっと疑うと思うんですね。

その時に、

いかに自分を信じることができるか。


う~ん。

本田圭佑選手、

かっこよすぎですね!!!


そら嫁さんもすぐに告白をOKするわ!



日本が誇るスポーツ界のカリスマ2人



サッカー日本代表のエースである本田圭佑選手。

日本が生んだ野球界の天才打者イチロー選手。




一流の選手にとって大事な要素のひとつとして、

「視力」つまり「目」の良さも大事になってくるのではないかと思う。



だが、

マリナーズのイチローの視力は

「右が1.0、左が1.2」であると噂された。

数字で見ると一般的にあまり良い視力とはいえない。



イチローといえば、

優れた動体視力の持ち主ということで、

それは、

イチローの能力のひとつでもある。

それなしには4000本ものヒットを打てなかったかもしれない。



ならば、

実際の視力はどうか。

世間で言われている“視力0.4説”。

その真相は?



イチロー自ら明かしてくれたことがある。


「目は、よくないんだよね」


そう言って明かした視力は、噂通りの、

右1.0、左1.2。


「日や体調によって違うんだけど、

左に比べて右はよくない」

「ただ、

野球は両目でやるんで両目で見ているものがすべてですから。」



ちなみにプライベートでかけるのはダテ眼鏡だそうだ。

「0.4がどっから来たのか知らない」と、

イチロー本人は不思議がった。笑



彼は、

メジャーに来て2度、

コンタクトレンズをつけてプレーしたこともある。



細かい字は見えるけど、

野球にはなんにも反映されない。

目を使おうとするから反応が遅れたりするということになるのだろう。



たとえば、

ただ単に遠くの数字を読むだけの競技であれば、

コンタクトやメガネは必要かもしれない。



だが、

視力と野球の動きって、

まったく関係ないことはイチロー自身の体験談から証明されている。

目を使おうとすると、逆に体が緊張するらしい。



イチローが不振のときは、

ボールを見過ぎてしまっていたとの話もある。



次は、

サッカー日本代表の本田圭佑。



本田の視力はどうだろう。

かつて彼は視力回復のためにレーシック手術を受けたとの話がある。



そして、

本田はレーシックで失敗した?

と話題になったこともある。

その内容は、

これが失敗例か?

本田圭佑のレーシックを受けた目!


イチローとの意外な共通点とは?

で紹介した。



だが真実はわからない。

本田自身もレーシック失敗したなんて公言はしていない。



では、

本田圭佑のレーシック手術を受けた目の真実はどうだろう?

いろいろな噂が立てられている。



まず話を振り返ってみると、

そもそも噂が出始めたのはワールドカップアジア最終地区予選での話。



オーストラリア戦での本田圭佑選手の目がギラギラしていて

瞼(まぶた)が腫れぼったくなっていて、

さらには目がキョロキョロ左右に動くような感じだったので、

何かがおかしいと多くの人が思った。



その違和感の真実はなんだろうか?

そこである噂が立てられることとなるのだ。



◆レーシック失敗で本田圭佑の目がおかしくなった?


その時期、

一番噂されたのは、

レーシック手術失敗による目の後遺症である。



ちなみに本田の目の視力は0.4とイチロー同様良いとは言えない。

それをレーシックにより、

0.4→2.0まで視力は回復したそうだ。



一見、

それは成功のように思われる。



しかし!

レーシック業界の話になると、

いきなり視力を2.0にすることは、

「過矯正」であまり良いとは言えないらしい。



・過矯正とはこちらをご覧ください。


さらにその時期の本田は良くないことが続くのである。


ケガ以外であまり試合で欠場することがない本田が、

めずらしく、

熱などの体調不良で試合を休みがちだったことから、

レーシックの後遺症が原因ではないか?

と言われたのです。



上記で、

本田自身は失敗したと公言していないとのべたが、

逆に、

「レーシック手術の後遺症はない!」とキッパリ完全否定しているので、

やはり、

ただの噂程度であったと思われる。



あと、

レーシック手術の後遺症で悩む人の相談を受けた医師いわく、

レーシックの後遺症で目が左右にキョロキョロ動くような症状は出ないそうだ。



よって、

本田圭佑の手術後の目の真実は、

レーシックは成功に終わったと捉えて間違いないだろう。



幸いにも、その噂はデマだったので一安心である。


今回は本田のレーシックの話も含め、

日本を代表する超一流の選手2人の「目」について紹介した。


大きな発見といえば、

超一流になるには、

必ず視力が良くてはいけないということではなさそうだ。

(視力が良いことに越したことはないが…)



本田圭佑はサッカー界で、

イチローは野球界で頂点を極めている男だ。



そんな2人の視力は決して良いとはいえない。

大げさに言えば、

目の良さはあまり関係がないのだろう。



他人が追い付けないぐらい、

雲の上の存在になるには、

目の良し悪しよりも、

やはり本人の努力の成果であろう。



目が大事だということは、

理解できました。

今回の、

ワールドカップで、

唯一得点した、

本田選手、

次の試合でも活躍してくれるものと期待しています。

ecar

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
本田圭佑 目 二重について ブログトップ