So-net無料ブログ作成
検索選択
作者リチャード・バック(78)が封印していた最終 ブログトップ

かもめのジョナサン、40年経て完成版 五木寛之さん訳 [作者リチャード・バック(78)が封印していた最終]

かもめのジョナサン、
40年経て完成版 
五木寛之さん訳



世界的ブームになった米国の小説
「かもめのジョナサン」の
「完成版」が、
40年の時を経て出版される。
作者リチャード・バック(78)が封印していた最終章を、
今年2月、
電子書籍で発表。
最終章を加えた紙の本が27日、
本国に先駆けて日本で発売される。
新潮社刊で、
翻訳者は前と同じ五木寛之さん(81)だ。

 
1970年出版。
ヒッピー文化とあいまり、
全世界で4千万部が売れている。
邦訳は74年で、
270万部超のロングセラー。
自己啓発本的にも読まれている。

 
元は3章構成。
ジョナサンは自由を求めて群れを離れ、
純粋に速く飛ぶことを追究する。
禅の影響なども感じさせる。
幻だった第4章は、
ジョナサンが去った世界。
カモメたちは彼を偶像化し、
飛行の追究はそっちのけになる。
組織の腐敗や宗教の形骸化などを示唆。
「現代社会と文明への鋭い批判」と五木さん。


かもめのジョナサン、
40年経て完全版 
五木寛之さん再び翻訳



世界的ブームになった米国の小説
「かもめのジョナサン」の「完成版」が、
40年の時を経て出版される。
作者リチャード・バック(78)が封印していた最終章を、

今年2月、
電子書籍で発表。
最終章を加えた紙の本が27日、
本国に先駆け日本で発売される。
新潮社刊で、
翻訳者は前と同じ五木寛之さん(81)だ。
 
1970年出版。
全世界で4千万部が売れている。
邦訳は74年で、
270万部超のロングセラー。
自己啓発本的にも読まれている。
 
元は3章構成。
ジョナサンは自由を求めて群れを離れ、
純粋に速く飛ぶことを追究する。
禅の影響なども感じさせる。
幻だった第4章は、
ジョナサンが去った世界。
カモメたちは彼を偶像化し、
飛行の追究はそっちのけになる。
組織の腐敗や宗教の形骸化などを示唆。
「現代社会と文明への鋭い批判」と五木さん。
 
作者はこの結末は必要ないと封印したが、
再読し、
21世紀の世界に対するジョナサンの警告と希望の声が聞こえたという。
そして、
最終章が日の目を見た。
厳しい指導者だったジョナサンの別の顔が際だつ。
五木さんは
「世界の警察ではない、
新しい米国の表れかもしれない」と見る。



ひとりぼっちが寂しいなんて嘘さ。
もっと速く遠くに飛んでいくんだ。

そう、
重要なのは食べることではなく、
飛ぶことだ。
風になることだ。
急降下、
宙返り、
きりもみ、
そして全速力
――飛ぶことだけのよろこびを味わうために、
光りかがやく空の果てまで飛んでいく一羽のかもめ、
ジョナサン・リヴィングストン。
群れから追放された異端のかもめは、
強い意志と静かな勇気をもって、
今日もスピードの限界に挑戦する。
夢と幻想のあふれる現代の寓話。

発行形態 : 新潮文庫
判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-215901-9
C-CODE : 0197
整理番号 : ハ-9-1
発売日 : 1977/06/01




リチャード・バック/著
Bach,Richard

1936年米国イリノイ州生れ。
元米空軍の戦闘機パイロット
除隊後、
地方巡業の曲芸飛行家や・整備士として働いた。
1970年発表の
『かもめのジョナサン』が
世界的ベストセラーになる。
他の著書に
イリュージョン―悩める救世主の不思議な体験―』
『ONE(ワン)』など。
2012年に自身が操縦する小型飛行機の事故により瀕死の重傷を負ったことが、
『かもめのジョナサン』最終章発表のきっかけとなった。



リチャード・バック(Richard Bach、
1936年6月23日 - )は、
アメリカ合衆国イリノイ州生まれの飛行家、
作家。
飛行機に関するルポルタージュ風の作品を書いていたが、
1970年に
『かもめのジョナサン』を発表した。
当初はほとんど評判にならなかったが、
1972年に突如ベストセラーのトップに躍り出た。
各国語に翻訳され、
日本でもロングセラーとなっている。
ヨハン・ゼバスティアン・バッハの直系の子孫と言われている。
2012年8月31日、
自家用の飛行機でワシントン州サンフアン島(英語版)を飛行中、
電線に引っかかって飛行機が大破し、
重傷を負った



• かもめのジョナサン
• 『王様の空』中田耕治訳 三笠書房 1974
• 『飛べ、銀色の空へ』稲葉明雄訳 草思社 1974
• 『ぼくの複葉機』小鷹信光訳 早川書房 1974
• 『翼の贈物』新庄哲夫訳 新潮社 1975
• 『イリュージョン 退屈してる救世主の冒険』村上龍訳 集英社 1977 のち文庫 
• 『イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験』佐宗鈴夫訳 集英社 2006 のち文庫
• 『夜と嵐をついて』大原寿人訳 筑摩書房 1978
• 『飛べ、光のなかを飛べ、永遠のときを』沼田篤良訳 評論社 1986
• 『One』平尾圭吾訳 ティビーエス・ブリタニカ 1990 のち集英社文庫 
• 『翼にのったソウルメイト』飯田昌夫訳 マガジンハウス 1993
• 『僕たちの冒険』北代晋一訳 ティビーエス・ブリタニカ 1997
• フェレット物語 (「フェレットの冒険」(2巻まで)より改題)法村里絵訳 
• フェレット物語1 海の救助隊 (2008年) 新潮社、のち文庫
• フェレット物語2 嵐のなかのパイロット (2008年) 新潮社、のち文庫 
• フェレット物語3 二匹は人気作家 (2009年) 新潮文庫
• フェレット物語4 大女優の恋 (2009年) 新潮文庫
• フェレット物語5 名探偵の大発見 (2009年) 新潮文庫
• 『ヒプノタイジング・マリア』 和田穹男監修、 天野惠梨香訳、めるくまーる 2013

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
作者リチャード・バック(78)が封印していた最終 ブログトップ