So-net無料ブログ作成
検索選択
7月12日から大月~河口湖間で運行を開始する ブログトップ

新型 『フジサン特急』 8000系を公開 [7月12日から大月~河口湖間で運行を開始する]

富士急、
新型
『フジサン特急』
8000系を公開



富士急行は7月8日、
新型の
『フジサン特急』
8000系を同社の鉄道技術センター(山梨県富士吉田市)で報道陣に公開した。
元小田急電鉄の特急ロマンスカー20000形「RSE」を譲り受けて改造した車両で、
7月12日から大月~河口湖間で運行を開始する。



8000系は、
2013年11月に小田急から譲り受けたロマンスカー20000形「RSE」
7両編成を『フジサン特急』用として3両編成に改造した車両。
車体には現在
『フジサン特急』
に使用している2000系(もとJR東日本165系改造車「パノラマエクスプレスアルプス」)と同様、
富士山を模したキャラクター(フジサンキャラ)をデザインしており、
4月~5月にかけて行った「フジサン特急キャラ選挙」で選ばれた44山と、

一般公募による14山の計58山が描かれている。

編成は富士山方から座席定員制展望車両の1号車(クモロ8001)、
自由席の2号車(サロ8101)・3号車(クモロ8051)。
1号車は運転席後部にソファと子ども向けの運転台が付いた席を設けており、

座席は2+1配列と2+2配列の組み合わせ。
2号車寄りには大型のテーブルを備えたボックス席(セミコンパートメント)も備える。
2号車には車いす対応の座席と大型トイレを設置。
編成全体の定員は160人で、
現行の2000系(112人)に比べ約4割増えている。



8000系は7月12日から、
現行の2000系と合わせ
『フジサン特急』
に導入され、
平日2往復、
土休日は4往復運転される予定となっている。





富士急、
8000系
『フジサン特急』
使用の車掌業務体験ツアー



富士急行が運営する富士山の総合情報サイト
「フジヤマNAVI」は、
乗り物をテーマにした日帰りツアー
「時速500km/hの世界を体感!
リニア見学センターと富士急行
『新型フジサン特急』
車掌なりきり体験」を
7月26日に実施する。



7月12日から営業運転を開始する、
8000系
『フジサン特急』
の展望車両に乗車。
富士山駅と河口湖駅では、
8000系を使用したドア操作やアナウンス体験、
運転席での記念撮影を実施する。
山梨県立リニア見学センターでは、
ワークショップでのオリジナルプログラムとして新幹線N700Aペーパークラフトの制作を行う。



ツアーは新宿駅集合プランと富士山駅集合・大月駅解散プランの2種類を用意。
旅行代金は

新宿駅集合プランが
大人9800円・
子供(小学生)7800円、

富士山駅集合プランが
大人5800円・
子供(小学生)4800円になる。

募集人員は
40人(最少催行人員25人)で、
申込みは「フジヤマNAVI」で受け付けている。





富士急、
新フジサン特急の車体キャラ決める
「選挙」
実施



富士急行は4月25日、
「フジサン特急キャラ選挙」
を開催すると発表した。
『フジサン特急』
の新しい車両に描く富士山のキャラクターを、
一般投票の
「選挙」
で決める。



『フジサン特急』は、
富士急が運営する
大月(山梨県大月市)~
富士山(富士吉田市)~
河口湖(河口湖町)間
26.6kmの大月線・河口湖線(富士急行線)で運転されている特急列車。
車両はJR東日本から譲り受けた展望室付きの165系改造車6両(3両2本)を
2002年の運転開始時から使用してきた。



165系改造車をJR東日本から譲り受けた際、
富士急は形式を2000形に変更。同時に外観デザインも大幅に変更し、
富士山を模したキャラクター
(フジサンキャラ)
を合計101山、
2編成の車体全面に描いた。



今年に入って2編成のうち1編成が老朽化に伴い引退しており、
その代替として小田急電鉄から譲り受けた
特急ロマンスカー20000形「RSE」が、
『フジサン特急』の新しい車両として今夏から導入される予定だ。



富士急は
「RSE」
の車体にもフジサンキャラを描く方針。
現在の2000形に描かれているフジサンキャラ101山と、
新たにデザインしたフジサンキャラ50山の合計151山を
「フジサン特急キャラ選挙」
に立候補させ
得票数上位の約50山を
「RSE」
の車体に描く。

また、
オリジナルフジサンキャラの一般公募も同時に行い、
採用された場合は一般投票で選ばれたフジサンキャラと同様、
「RSE」の車体に描かれる。



投票期間は4月25日から5月18日まで。
投票方法は
「Web投票」と
「リアル投票」を提供する。

「Web投票」は富士山エリア情報ウェブサイト
「フジヤマNAVI」内の特設サイトで投票するもので、

クリックで投票する
「通常投票」と、

スマートフォンのスクロールを利用した
富士登山ゲーム」を通じて投票する
「登山投票」の2種類が用意されている。
「通常投票」は1日10票まで投票でき、
「登山投票」は登った高さに応じて最大3776票まで投票できる。


「リアル投票」は
『フジサン特急』車内と停車各駅、
下吉田駅に設置された投票箱に、
既定の投票用紙で投票してもらうもの。
「リアル投票」の1票は
「Web投票」の
「通常投票」3776票分に相当する。

なお、
オリジナルフジサンキャラの応募は
「リアル投票」の投票箱、
郵便はがき、
電子メールで受け付ける。
応募方法の詳細は
「フジヤマNAVI」
で案内している。

投票結果は7月以降、
「フジヤマNAVI」で発表される予定だ。

応募します。

ecar

7月12日から大月~河口湖間で運行を開始する ブログトップ