So-net無料ブログ作成
検索選択
電気自動車(EV)を巡り、 「エコカー王者」のト ブログトップ

王者トヨタに焦り  燃料電池車の早期発表はEVへの“牽制球” [電気自動車(EV)を巡り、 「エコカー王者」のト]

王者トヨタに焦り 
燃料電池車の早期発表はEVへの“牽制球”



電気自動車(EV)を巡り、
「エコカー王者」のトヨタ自動車が思わぬ“誤算”に見舞われた。
トヨタはEV普及に懐疑的だったが、
販売はここにきて盛り返しており、
次世代エコカーを巡る覇権争いに名乗りを上げているのだ。
トヨタは先月、
燃料電池車(FCV)の量産モデルを公開した。
通常の新型車に比べて異例の早期発表は、
EVの巻き返しに慌てたトヨタの“牽制球”だとの見方も浮上している。

 

■王者の自信

「FCVが普通の車になるための、
長いチャレンジの始まりだ。
電動化の流れを作った平成9年発売のハイブリッド車(HV)『プリウス』を世に問い、
車の当たり前に育てた自負がある」

先月25日、
公開した市販モデル車を前に、
トヨタの加藤光久副社長はこう胸を張った。

FCVは水素と酸素の化学反応で発生した電気でモーターを回す仕組みで、
排出するのは水のみだ。
しかも、
約3分で水素の充填を完了し約700キロを走行できる。
走行距離はEVの約3倍に相当し、
長距離走行での優位性は高い。

水素を充填する「水素ステーション」などのインフラ整備は課題として残るものの、
トヨタは間近に迫った「FCV元年」をアピールし、
次世代エコカーの本命はFCVだとの揺るぎない自信を示した。

さらに加藤副社長は、
当初、
平成27年中としていた発売時期を「今年度中」に修正するとともに、
「1000万円を切るレベル」としていた価格も、
同社の高級車「レクサス」並みの700万円まで下げることも表明した。
世界初の市販化を早期に発表し、
政府との購入補助金の価格交渉、
自治体のFCV購入に向けた来年度の予算確保を確実にする考えだ。

 


■対抗心あらわ

「航続距離が短い」「電池のコストが高い」「充電時間が長い」「急速充電インフラ整備が必要」-。

この日の会見でトヨタは、
発表資料にEVの課題を列記し、
FCVの比較優位性を訴えた。
電池切れの心配がないプラグインハイブリッド車(PHV)の可能性は認めつつも、
EVは「近距離用途に適したクルマ」と用途の制限を明記したほどだ。

これまでトヨタはEVに対し、
あえて無視を決め込んできたが、
対抗心をあらわにした。
その理由について、
自動車業界からは「トヨタの焦りではないか」との見方が根強い。

すでにノルウェーではEVに対する手厚い税制優遇の恩恵で、
今年3月には新車販売台数におけるEVの割合が25%に達した。
中国では、
日産自動車の中国合弁会社「東風日産」が9月に発売する「e30」を、
大連市が年末までに1000台購入し、
公用車やタクシーとすることを決めている。

また、
日本でもEV普及の課題だった充電設備の設置が進む。
今年末までに急速充電器、
普通充電器合わせて計1万7000基(3月末時点では5000基)に拡大する見込みだ。

さらに、
自動車市場の中心となる米国では、
カリフォルニア州が定める「ZEV規制」がEVの普及を後押しする。
同州内で販売する新車台数の1割強を、
ZEV(ゼロエミッションビークル=無公害車)にするようメーカーに義務付ける州法だ。

18年以降は現行12%の無公害車比率が16%に引き上げられ、
対象外だった中堅メーカーにも規制が適用される。
中堅の富士重工業、
マツダなどは、
技術やインフラなど課題の多いFCVよりも、
PHVや天然ガス車、
そしてEVにより同規制に対応するとみられる。

 

■じわり転換

EV普及の下地が整い、
国内外でFCVよりもEVを採用する動きがさらに広まれば、
トヨタにとって想定外の出来事だ。
その危機感が、
発売の半年以上前というFCVの早期発表に動いた背景との見方もある。

トヨタもEVの自社開発を進め、
限定発売を行っている。
ただ、
現在も販売の中核をなすHVを押しのけてまで、
EVを発売するメリットは薄いとトヨタは判断してきた。

マンションなどで充電設備を作っても、
充電時間が長く奪い合いになる。現実的には普及が難しい」

トヨタ幹部は経営判断の理由のひとつをこう説明する。
だが、
低迷していたEVが本格普及に転じれば、
HVで築き上げた地位を日産などに脅かされるだけでなく、
経営判断の誤りとのそしりも免れない。

こうした中で、
トヨタの発言にも微妙な変化が出てきた。
FCVの発表会後にある幹部は、「FCVは、
次世代エコカーの主流のひとつだ」と述べた。
FCVを次世代エコカーの
“本命”
としてきた従来の姿勢から転じたとも受け取れる。

競争ですね。
価格、
性能ともに勝ち抜けるメーカーはどこでしょうか?

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
電気自動車(EV)を巡り、 「エコカー王者」のト ブログトップ