So-net無料ブログ作成
検索選択
ニホンウナギの稚魚量産化に向けた産学官の取り組み ブログトップ

ウナギ完全養殖、 3年後実用 [ニホンウナギの稚魚量産化に向けた産学官の取り組み]

ウナギ完全養殖、
3年後実用 
稚魚量産化へ産学官スクラム



近畿大学と豊田通商がクロマグロの稚魚量産化を始めるのに続き、
ニホンウナギの稚魚量産化に向けた産学官の取り組みが今秋にも本格化する。
2010年に世界で初めてニホンウナギの完全養殖に成功した独立行政法人水産総合研究センター(横浜市西区)などが、水産庁の委託を受け稚魚(シラスウナギ)の大量生産システムの開発に乗り出す。
静岡で民間企業数社と実証実験を開始。
3年後に養殖業者などへの技術移転を目指す。

 

ニホンウナギの完全養殖は、
人工的に産卵、
孵化(ふか)させた稚魚を成魚に育て、
再び産卵、
孵化させるもの。
天然稚魚を飼育池で成魚まで育てる方法しかないこれまでのウナギの養殖とは異なり、
安定的にウナギが生産できる画期的な技術だ。
量産化に成功すれば、
天然稚魚の漁獲量減少を背景に高騰しているウナギの販売価格引き下げにもつながる。

 

日本鰻輸入組合(東京都千代田区)によると、
国内で流通する約半数がニホンウナギと推定される。うち99%が養殖ウナギで、同組合の森山喬司理事長は
「ワシントン条約で規制の対象になれば自由な取引ができなくなり、
影響は大きい」と話す。

 

日本は世界最大のウナギ消費国として漁獲規制などの本格的な保護対策を迫られている。
水産庁は
「養殖技術の向上を待つのではなく、
技術の向上と量産化を同時に進める必要がある」と判断し、
ニホンウナギの完全養殖の実用化を急ぐことにした。

 

人工稚魚の量産化には、
水産総合研究センターのほかにヤンマー、
IHI、
不二製油などの民間企業や愛媛大学が参加する。
2014年度の事業額は2億5000万円。
システム開発は、
同センター増養殖研究所の南伊豆庁舎(静岡県南伊豆町)で行う。

 

システム開発の鍵となるのが、
卵から孵化した仔魚を体長5~6センチの稚魚に育てる飼育技術。
同センターは4年前に完全養殖に成功したものの、
現在に至っても実用化されていないのは、
仔魚の飼育技術が確立されていないためだ。

 

同センターによると、
人工飼育のニホンウナギは細菌発生などで死ぬ仔魚の割合が高い。
人工飼育下で稚魚にまで育つ仔魚の割合は、
マダイやヒラメなどで90%を超えているのに対し、
ニホンウナギはわずか4~5%。
人工稚魚の生産は年間わずか数百匹と、
全養殖業者の間で取引されている稚魚の1億匹に遠く及ばない。
稚魚までの飼育期間も人工飼育下では海洋の2倍の約1年かかるという。

 

川で育ったウナギは、
海で卵を産むため川を下り、
海で生まれた卵が稚魚となって川に上るために河口付近に集まってくることがわかっているが、
生態には謎が多い。
とくに卵が稚魚になる海洋での生態には未知の部分が多く、
人工仔魚の生存率を高めるために餌をどう改良したらよいかなどの研究は手探り状態だ。

 

稚魚の大量生産システムの開発計画では、
1000リットルの特殊な大型水槽を9月末までに6槽製造し、
1槽当たり2万5000~3万匹の仔魚を使い実証実験を始める。
大型水槽は年内をめどに12槽に増やす。

 

これと並行して、
自動給餌機の開発にも取り組む。
現在の飼育では、
手作業で日中2時間おきに餌を与えている。
量産化に向け作業の省力化も進める。
自動化で、
夜も餌を与えられるようになれば、
仔魚の栄養摂取量が増えて飼育期間の短縮につながる可能性もある。

 

水産総合研究センターは昨年から単独で量産化に取り組んできた。
同センターがこれまで培った人工仔魚の飼育技術と民間企業が持つ製造技術を融合させてシステム開発を進める。
同センター増養殖研究所の桑田博資源生産部長は
「最終的には、
養殖で必要な稚魚の2~3割を人工稚魚に置き換えるようにしたい」
と話した。





ウナギ高騰一転、
一斉値下げ 
稚魚豊漁 
国内仕込み量倍増



高騰を続けてきたウナギの価格が今年は低下しそうだ。
冬から春にかけて取れるウナギの稚魚(シラスウナギ)の不漁が続いていたが、
今年は漁獲高が大幅に回復。
日本鰻輸入組合によると、
国内の
(養殖池で育てる稚魚の)
仕込み量は前年比約2倍の約25トンに達した。
安い稚魚を育てたウナギが出始めるのはこれからだが、
供給が大幅に増えるのは確実だ。
昨年まで値上がりしていたスーパーのかば焼きやウナギ専門店のうな重が今夏、
一斉値下げに転じる可能性がある。
 
極度の品不足解消
 
乱獲などにより稚魚は昨年まで4年連続の不漁で、
30トン近くあった国内の仕込み量は12トンまで激減した。
ウナギの生態は謎が多く、
漁獲高が増加に転じた理由は不明だが、
今年は前年比で倍増した。
中国でも約14倍の約41トンと急増しており、
台湾、
韓国なども含めると70トンを超える豊漁となった。
 
稚魚の取引価格も、
仕込みが始まる前の昨年11月に1キロ当たり300万円台だったが、
漁獲高が増えるにつれて下落。
極度の品不足が一転し、
稚魚の動向を調査している水産庁の予測では
「平均価格は100万円を下回る」
(栽培養殖課)見通しだ。



三河湾に面し、
養殖ウナギの生産高で長年日本一の町として知られた愛知県旧一色町(現西尾市)。
 
取引価格が全国の価格に影響するといわれる
「一色うなぎ漁業協同組合」
で今月中旬、
昨年12月に仕込みを始め、
今年初めて池揚げされたウナギの取引が始まった。注目された価格は1キロ(4匹)当たり5000円前後。
2000円前後で推移した例年に比べると価格は約2.5倍だった。
 
稚魚が豊漁だったにもかかわらず高値で取引されたが、
漁協担当者は
「天井に向かう相場だった昨年の最需要期である7月ごろの価格と今年の初値がほぼ同じ」と説明。
その上で「安い価格で仕入れた稚魚から育ったウナギが今後入ってくることを踏まえると今が高値。
6月以降はかなり下がる」
と予想する。
 
ウナギの養殖事業者は、
冬から春にかけて日本や中国などで収穫した体長5~6センチの天然の稚魚を、
ビニールハウスで覆った養殖池で水温を約30度に保って、
1匹250グラム程度になるまで育てる。
早いものでは約半年で出荷される。
 
ウナギの供給量が本格的に増えるのは1~2カ月先だが、
既に先安観は強い。
スーパーの仕入れ価格は「3月以降、
前年比で3割程度下がった」



高値で取引された稚魚が原料となっている中国産かば焼きをもつ卸業者などが値崩れに巻き込まれないよう販売を急いでいるからだ。
実際、
5月の大型連休明け以降、
都内のスーパーでは1匹1000円を切る中国産かば焼きが出始めたという。
 
専門店は一安心
 
相場下落に一安心しているのは、
高騰に苦しんできたウナギ専門店だ。
例年なら1キロ当たり2500円程度だった仕入れ価格がここ1~2年、
5000~6000円に跳ね上がったものの、
価格転嫁し切れない専門店もあり、
廃業が相次いだ。
東京鰻蒲焼商組合では160あった加盟店が90まで減った。
「みんな四苦八苦してきた。
仕入れ価格の反転で赤字の商売から抜け出せるといい」
と三田俊介理事長は期待を寄せる。
 
三田さんが経営する老舗ウナギ専門店
「渋谷松川」(東京都渋谷区)は一昨年、
最も安いうな重の「菊」を300円値上げした。
現在は2268円だが、
今夏以降の値下げを検討している。
三田さんは「経営は苦しいが、
値段が高くて食べ控えているお客さんのためにも仕入れ価格が下がってきたら(値下げで)期待に応えたい」と話す。



とはいえ、
消費者のウナギ離れは深刻だ。
「高いイメージが定着して人気が低く、
スーパーの売り場が縮小している。
楽観視できない」
(全国鰻蒲焼商組合連合会)との声も多い。
 
総務省の家計調査によると、
「土用の丑の日」がある7月に、
ウナギのかば焼きを買った家庭は03年の54.6%から13年は31.7%に落ち込んだ。
スーパーなどでの値上げが相次いだ影響もあって、
10年前に半数超だった購入家庭は3分の1以下に減った。
 
価格の下落を追い風に消費者のウナギ離れに歯止めをかけるには、
「価格競争を警戒するスーパーがタイミング良く売り場を拡大するかどうかだ」
と森山氏は指摘する。
 
今年の土用の丑の日は7月29日。
暑い夏を乗り切るスタミナ食の代表としてウナギが復権を果たすことができるか。
丑の日を前に、
消費者が値下がりを実感できるかにかかっている。

安く、
うなぎを食べたいですね。

ecar

ニホンウナギの稚魚量産化に向けた産学官の取り組み ブログトップ