So-net無料ブログ作成
あの震災から3年半が過ぎようとしています。 「 ブログトップ

地震予言松原照子 2014 [あの震災から3年半が過ぎようとしています。 「]

地震予言松原照子 2014

あの震災から3年半が過ぎようとしています。

「もう三年半もたったのか」とも
「まだ3年半しかたっていないのか」とも
感じてしまいます。

この震災、
実は予言していた人がいたことをご存知でしょうか?
その予言者とは「松原照子」さんという女性です。

名前:松原照子(まつばらてるこ)
生年月日:1946年10月15日(67歳)
出身地:兵庫県神戸市長田区
職業:経営者



本業は経営コンサルタントを主な業務とする
株式会社SYOという会社の代表で、
この他に財界人へのアドバイスを行う
ライフアドバイザーという肩書きも持っています。

「予知能力」や「透視能力」に関しては
幼少の頃から発揮していっているようです。

来歴については明かされていることはなく
どのような経緯で現在の地位に落ち着いているのかは
ネットの情報からだけでは不明ですね。

まぁ、「予言者」なんて皆から畏怖されるのが
仕事みたいなものですから、
多少ミステリアスな方がいいのかもしれませんね。

僕なんか、ネットに情報が無さ過ぎるばっかりに、
かなり時間を使って調べてしまいましたもん笑

あと、補足として、松原さんは
「地図を見て予言をする」スタイルなのだとか。

地図を見るとどの辺が揺れそうなのかとか
分かってくるようですね。

理系脳僕からすればにわかに
信じがたい話ではありますが、
実際にあたっているのでもう信じるしかないです・・よね・笑





地震 前兆 2014年7月

現象

地震の前ぶれとして異常な形をした雲が目撃されます。
雲の形は放射状・渦巻き状・直線状の雲など様々な種類があります。
気象上の雲や飛行機雲は風に流され移動するのに対して、
地震雲は移動せずに同じ場所で長時間見られるのが特徴です。

発生期間
地震発生2週間前~直前

メカニズム
電磁波が雲を発生させるメカニズムが証明されていることから、
地殻の衝突によって生じる電磁波が上空を通過し、
普段見られないような異常な形の雲が生じるといわれています。



地震雲の解説に関しまして多々ある説の一説を紹介しております。まだ未知なもののため、
記載された内容が必ずしも正確なものではありませんのでご了承下さい。





地震 前兆



「温暖化」という言葉を耳にするようになって久しい今日この頃。
異常気象が発生したり生態系の
変化を感じたり、
私たちの生活にも少なからず影響が出ていますが、
なかなか実感がないという
人が多いのではないでしょうか。
そんななか、
NASAゴダード宇宙飛行センターが公開したある動画が話題になっています。
それは、
『YouTube』に掲載されている
「NASA | Six Decades of a Warming Earth」という1950年から
2013年の63年間、
世界の気温がどのように変化したかを視覚化した映像です。
これを見ると、
いかに温暖化が進んでいるかが一目瞭然よーく分かるんです。



温暖化の主な原因は経済の発展だから、
海面が1メートル上昇するぐらい経済発展すると、
世界で最も貧しい地域の生活レベルが今のデンマークぐらいになるらしい。





地震、
自宅で転倒3人重軽傷 
東北・関東で震度4



12日午前4時22分ごろ、
福島県沖を震源とする地震があり、
宮城県岩沼市、
福島県いわき市、
茨城県常陸太田市、
栃木県大田原市など4県の14市町村で震度4を観測した。
さいたま市、
東京都足立区、
横浜市で震度3など、
北海道から近畿にかけて広い範囲で震度1~3の揺れとなった。



気象庁によると、
東日本大震災の余震とみられ、
震源の深さは約10キロ、
地震の規模を示すマグニチュードは6・8と推定される。





震源浅く、沿岸まで津波到達 東北に注意報、避難は一部
 


この地震で、
福島県内では女性3人が自宅で転倒して重軽傷を負った。
気象庁は午前4時26分、
岩手、
宮城、
福島3県の沿岸に津波注意報を出し、
宮城県石巻市と岩手県大船渡市で20センチ、
同県久慈市と福島県相馬市で10センチの津波を観測した。
波注意報はいずれも約2時間後に解除された。
 


原子力規制庁によると、
東京電力福島第一、
第二や東北電力女川(宮城県)、
日本原子力発電東海第二(茨城県)の各原発から
「異常なし」と報告があったという。
 


気象庁は1週間ほど震度3程度の余震が起きる可能性があるとみており、
台風8号で地盤が緩んでいるとして注意を呼びかけている。





岩手、
宮城2万6000人に避難勧告 
東北の地震



岩手、
宮城両県によると12日の地震で、
両県の9市町村が一時、
避難指示、
勧告を出し、
勧告の対象は少なくとも計約1万1000世帯、
2万6000人に上った。
指示は岩手県久慈市が防潮堤より海側にいる漁師らに出した。
 


福島市消防本部によると、
市内の女性(68)が自宅階段から転落し、
足首の骨を折る重傷を負った。
 


東京電力、
東北電力などによると、
福島県の福島第1、
第2原発、
宮城県の女川原発、茨城県の東海第2原発で影響はなかった。
 

気象庁の吉田康宏地震情報企画官は記者会見し
「東日本大震災の余震は減っているが、
東北の地震活動は活発な状況が続いており、
今後も注意してほしい」と話した。

地震は怖いですね。
予報を的確に知って、
正しく対応しましょう。

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
あの震災から3年半が過ぎようとしています。 「 ブログトップ