So-net無料ブログ作成
検索選択
「101キロでいきたい」 と坂本雄次トレーナーに ブログトップ

TOKIO城島「意地で」24時間マラソン“ジャニーズ最長”101キロに挑戦 [「101キロでいきたい」 と坂本雄次トレーナーに]

おはようございます。
ecarです。

今日は

【24時間マラソン“ジャニーズ最長”101キロに挑戦】

をお届けします。



TOKIO城島「意地で」24時間マラソン“ジャニーズ最長”101キロに挑戦 

TOKIO・城島茂(43)がランナーを務める、
日本テレビ
『24時間テレビ』(8月30日・31日)
チャリティーマラソンの走行距離が101キロに決まった。

 

このほど神奈川県内で行った公開練習の応援に駆けつけたパーソナリティーの
関ジャニ∞・大倉忠義と丸山隆平の前で一度は
「100キロ」
と発表した城島だったが、
かつてチャリティーランナーを務めた
TOKIO・
山口達也(97年・当時25歳)と
V6・
森田剛(98年・当時19歳)に対抗して
「101キロでいきたい」
と坂本雄次トレーナーに直談判。
坂本トレーナーも「いいと思います」と了承した。

 

歴代ランナーの中でジャニーズでは山口と森田がそれぞれ100キロを走破しており

「僕、
TOKIOのリーダーとして
『山口超えたいな!』
って思ってもうて。

だったら、
“山口超え”…
“ジャニーズ超え”
じゃないですけれど、
せっかくだったら、
もうちょい距離伸ばして、
せめて1キロプラスして101キロでいきたいなって」
と奮起。

坂本トレーナーも
「ハードルは高いほうが後に残るものも大きいですから、
ぜひとも頑張っていただきたい」
と激励した。

 

後輩超えを誓う城島だったが、
現在43歳と二人の挑戦時の年齢とは大きな差があり
「そこは
『40代として何ができるやろう』
っていう“意地”やな」
と説明。
今年グループが20周年を迎えることから

「これから30年、40年って続けていくためにも、
リーダーとしての意地というか、
挑戦をしたい」

と改めて掲げ

「先輩としては、 後輩に無様な格好を見せられないので、 そこはバシッと決めたいですね。 どんなゴールを切れるかわからないですけれど、 40代ならではのゴールができたらいいですね」

と意気込んだ。

 

2日間のマラソン合宿で城島は左臀部から腸脛靭帯の違和感に悩まされながらも、
合計49キロを走破。
丸山と共に公園内1周のランニングに伴走した大倉が
「なんか気迫というか、
パワーというかオーラというか、
決意というものを感じましたね」
と感心すると城島は
「オーラ? 加齢臭じゃなくて?」
と笑わせる余裕もみせていた。
今年はジャニーズの初の夏フェス参戦で
“本業” でも高い評価を受けているTOKIOだけに、 マラソンでもリーダーとしての意地をみせられるか本番が注目される。


本日も、
最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
「101キロでいきたい」 と坂本雄次トレーナーに ブログトップ