So-net無料ブログ作成
トヨタが常識を打ち破る!  FCVは人びとのニー ブログトップ

FCVは人びとのニーズを満たす [トヨタが常識を打ち破る!  FCVは人びとのニー]

おはようございます。
ecarです。

今日は

【FCVは人びとのニーズを満たす】

をお届けします。



トヨタが常識を打ち破る! 
FCVは人びとのニーズを満たす
 
トヨタ自動車が2014年に日本での発売を予定している燃料電池自動車(FCV)について、
中国メディアの捜狐汽車は25日、
人びとのニーズを完全に満たすことができる自動車だと紹介する記事を掲載した。

 

記事は、
2011年にトヨタが東京モーターショーで初めてコンセプトカー
「FCV-R」
を公開した際に
「人びとは未来の車をその時、
初めて目撃した」と紹介。

 

続けて、
FCVの利点として高圧水素ガスのフル充填に必要な時間はわずか3-5分ほどであることや、
1回のガス充填で約480キロメートルも走行が可能であること、
有害な排気ガスが出ないこと、
騒音が少ないことなどを挙げ、
「人びとの普段のニーズを完全に満たすことができる自動車」
と報じた。

 

現時点でFCVの技術的な情報は公開されていないため、
記事は、
「どのような動力システムなのかは分からない」
と紹介。
さらに、
日本では14年内、
欧米では15年からの発売を予定していることを伝える一方、
「水素を動力とする以上、
水素ステーションの整備状況がネックとなる」
と指摘し、
液化水素の生産から運搬、
貯蔵、
充填といったインフラが揃った国や地域は世界的にも多くはないと論じた。

 

続けて、
水素を燃料として走る自動車という考え方自体は斬新なものではないとしながらも、
「今に至るまで燃料電池自動車で完成した車種はなく、
実際に発売された車もなかったが、
そういった常識をトヨタのFCVが打ち破ることになる」
と伝えた。



新車、異例の4社一斉発表 
燃費向上や人気車再投入で、反動減食い止め

消費税増税前の駆け込み需要の反動で新車販売の落ち込むが続く中、
トヨタ自動車など国内外の自動車大手4社が25日、
一斉に新型車や一部改良モデルを発表し、
同日発売した。
自動車各社の足元の新規受注は思わしくなく、
燃費性能の向上や新グレードの設定、
人気車種の復活などで販売のテコ入れを狙う。
偶然とみられるものの、
新車などの発売が同じ日に4社もそろうのは異例で、
自動車業界の危機感が現れた格好だ。
 


4社はトヨタのほか、
富士重工業とスズキ、独フォルクスワーゲン(VW)。
軽自動車を含めた7月の国内新車販売台数は前年同月比2.5%減の46万260台と、
2カ月ぶりに前年実績を下回っており、
「強力な製品を投入して国内市場を盛り上げ、
拡販に努めたい」
(スズキ)というのが本音だ。
 


富士重工は、
モータースポーツ向けの車を一般のドライバーも楽しめるように開発した最上級のスポーツセダン
「スバルWRX」
を7年ぶりに全面改良した。
最高出力が300馬力というパワーを備えながら、
燃費性能がガソリン1リットル当たり13.2キロでエコカー減税の対象となる新グレード「S4」(税込みで334万8000円から)を導入。
潜在的なニーズを掘り起こし、
「顧客の間口を広げていく」(日月丈志専務執行役員)考えだ。
 


スズキは、
主力の軽自動車「ワゴンR」にハイブリッド車(HV)を設定。
ブレーキや減速時のエネルギーをバッテリーに蓄え車内の電装品に電力を供給する従来の仕組みに加え、
加速時にモーターが補助するハイブリッド技術を新たに上位モデル(137万2680円から)に採用した。
 


燃費性能は従来モデルと比べて8%増の32.4キロとなり、
ワゴンタイプの軽ではトップを達成。
開発を担当した鈴木直樹・第一カーライン長は
「主力車の燃費向上で他社との競争に勝ちたい」
と自信をみせた。
 


根強い人気を誇るモデルの再発売に踏み切ったのが、
トヨタ自動車だ。
2004年に国内販売を終了したスポーツ用多目的車(SUV)
「ランドクルーザー」(ランクル)の70シリーズ(350万円から)を、
15年6月30日生産分までの期間限定で受注する。
直線的で武骨なデザインや悪路での高い走行性能を支持するファンは多い。
 


製品企画本部の小鑓(こやり)貞嘉チーフエンジニアは
「世界各地で生活を支える車であり、
最先端の車とは違う魅力を味わってもらえるはずだ」
と話した。
 


VWグループジャパンは燃費を5%改善し、
安全性能を高めた小型車「ポロ」の一部改良モデル(223万9000円から)を発売。
庄司茂社長は
「反動減は思った以上に大きく、
完全回復の手応えはないものの、
下期にかけて新型車などで前年比プラスに持っていきたい」
と述べた。



本日も、
最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、
ごきげんよう!

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
トヨタが常識を打ち破る!  FCVは人びとのニー ブログトップ