So-net無料ブログ作成
アレルギー性結膜炎 ブログトップ

イネ科の花粉によるアレルギー性結膜炎 [アレルギー性結膜炎]

おはようございます。
ecarです。

今日は、

【イネ科の花粉によるアレルギー性結膜炎の可能性がある】

をお届けします。



岐阜県大垣市と羽島市の児童や生徒430人が3日に目のかゆみや充血などを訴えた。
岐阜県では4日も、
4市町の42小中学校に通う計2150人が同様の症状を訴えたと発表。
2日間で延べ2580人に上り、
岐阜県は、
「イネ科の花粉によるアレルギー性結膜炎の可能性がある」
としている。
全員が軽症という。

 

1. 花粉症とは

植物の花粉が眼や鼻などの粘膜に接触することによって、
くしゃみ、
鼻水、
鼻詰まりなどの症状が出る季節性アレルギー性鼻炎、
目のかゆみ、
充血、
めやになどの症状が出る季節性アレルギー性結膜炎が生じます。
花粉症の治療で使用する薬には
、内服薬、
点鼻薬、
点眼薬などがあります。



2. 季節性アレルギ―性結膜炎(花粉症)

季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)は、
雑草、
樹木やイネ科の植物の花粉が原因であることが多く、
一定の季節に症状がみられることが特徴です。
時期はスギが春先で、
他には、
ヒノキ(3-5月)、
カモガヤ(4-9月)、
ブタクサ(8-10月)などです。



アレルギーカレンダー(注意すべき時期)

3. 通年性アレルギー性結膜炎

主な原因としてはほこり、
ダニや動物のフケなどのハウスダストがあります。
原因は常に身の回りにあるので、
季節に関係なく症状が現れます。
梅雨から夏や冬に症状が悪くなることが多いです。



4.コンタクトレンズとアレルギー性結膜炎

汚れたコンタクトレンズを装用することでアレルギー反応を引き起こします。
また、
アレルギー性結膜炎になっている方が、
コンタクトレンズを装用すると、
コンタクトレンズによって症状が悪化します。
特にソフトコンタクトレンズは、
汚れやすいため、
アレルギー性結膜炎を生じやすくなります。



5.アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎の治療には、
抗アレルギー点眼薬とステロイド点眼薬がよく使われます。
抗アレルギー点眼薬は、副作用が少ないため、第一選択となります。
通常は抗アレルギー剤が使用され、
重症の場合には弱いステロイド点眼薬を使います。



6.アレルギー性結膜炎の予防

1. 花粉と接触しない=ゴーグルを着用したり、好天で風の強い日には外出を控えることで花粉を避けます。
2. 点眼による予防治療=花粉の飛散開始の約2週間前にある種の抗アレルギー点眼薬を開始すると症状が軽くすみます。
3. 汚れたコンタクトレンズを装用しない。



7.春季カタル

春季カタルはアレルギー性結膜炎より重症型で、
男児に多く見られます。
春季カタルは、毎年春になると発症し秋と冬には症状が治まります。
かゆみが非常に強く、
角膜潰瘍ができて痛み、
視力低下につながることがあります。



8.春季カタルの治療

今まで抗アレルギー点眼薬とステロイド点眼薬が中心でしたが、
最近では免疫抑制剤であるシクロスポリン点眼薬も発売され、
効果が見られます。



4日の内訳は、
羽島市14校1604人
▽大垣市18校287人
▽養老町6校104人
▽輪之内町4校155人。
ほかに教職員15人の発症も確認された。

 

運動会の練習や野外活動をしていた学校が多かったという。
1、2日になかったイネ科の花粉の飛散が3日に確認されたことや、
無人ヘリコプターによる農薬の散布などは確認されていないことから、
イネ科の花粉によるアレルギーの可能性が疑われるという。
この地域では2011年の8月末から9月初旬にかけても同様の被害があり、
延べ2531人が受診している。



うっとおしく・面倒ですが、
花粉が多いときはマスク等で予防しなくてはいけませんね。



本日も、
最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、
「ごきげんよう!さようなら」

ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
アレルギー性結膜炎 ブログトップ