So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『トリハダ―劇場版2―』は、 20日(土)より、 シネマサンシャイン池袋ほかで上演。 [映画]

おはようございます、ecarです。
今日は【『トリハダ―劇場版2―』は、20日(土)より、シネマサンシャイン池袋ほかで上演】 をお届けします。



映画『トリハダ―劇場版2―』は、
20日(土)より、
シネマサンシャイン池袋ほかで上演。

映画『トリハダ―劇場版2―』の先行上映舞台挨拶が、
2日、
都内で行われ、
石橋杏奈と足立梨花が登壇。
ステージでは、
三木康一郎監督からのメッセージが紹介されたが、
その内容に足立が嫉妬した――!?

 

若者の日常生活の中で起こりうる恐怖をオムニバス形式で描いて好評を得た『トリハダ―劇場版―』。
今回2年ぶりに最新作が公開される。
今回も、
幽霊が出てきたり、
超常現象が起こるわけではないが、
ゾクッとさせられるエピソードの連続。
オムニバス形式だが、
それぞれのエピソードが連鎖している。

 

マンションの自室で恐怖体験をする女性役の石橋は、
相手やセリフがなく、
表情と動きで表現する芝居が中心で、
苦心したという。
「(動きの)段取りが多い芝居になりましたが、
気持ちの流れを考えて現場に行っていました」
と撮影時を振り返った。

 

また、
仕事の都合で欠席だった三木康一郎監督から、
石橋、
足立へのメッセージも紹介。
前作で初めて石橋と仕事をしたときのこと、
「最初のアップを撮ったとき、
狙い通りの顔をしてくれて、
女優さんだな』と思いました。
その瞬間、
恋に落ちました」
と 大絶賛の三木監督。
その後もメッセージの中で石橋に対して
「恋に落ちました」
を連発する監督に、
足立は「そういうことか! 私、帰ろうかな…」
と嫉妬する(!?)場面も。

 

最後に、
石橋は
「この作品を観てゾッとして帰ってください」、
足立は
「幽霊は出てきませんが、
人間の中の怖い部分が描かれています。
帰り道、
みなさん気を付けてくださいね!」
とメッセージを送った。

 

映画『トリハダ―劇場版2―』は、
20日(土)より、
シネマサンシャイン池袋ほかで上演。
出演は、
石橋杏奈、
足立梨花、
佐津川愛美、
入来茉里、
大島麻衣、
優希美青、
白石準也、
前田公輝ほか。



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

仁川アジア大会速報、競泳の日本代表選手が試合会場でカメラを盗む】 [映画]

おはようございます、ecarです。
今日は【仁川アジア大会速報、競泳の日本代表選手が試合会場でカメラを盗む】 をお届けします。



2020年東京五輪に向けて国がスポーツ界への支援を広げる中、
国費を使ってアジア大会に派遣された競泳の日本代表選手が試合会場でカメラを盗むという前代未聞の不祥事を起こした。
選手を選んだ日本水泳連盟や、
選手団派遣の主体となる日本オリンピック委員会(JOC)は厳しく責任を問われそうだ。
 


日本選手団の青木剛団長は、
JOCや日本水連が選手に行動規範の順守を求め、
倫理教育を行ってきたと釈明したが、
事件を防げなかった。
文部科学省幹部は
「極めて幼稚な話。
今後はJOCや競技団体で人間教育を充実させる必要があるのではないか」
と指摘した。
 


近年はJOC加盟競技団体で補助金の不正受給や暴力問題が相次ぎ、
ただでさえ
「JOCのガバナンス(統治)は機能していない」
(スポーツ議員連盟幹部)との批判がある。
再発防止を誓い、
ことしに入って東京五輪までの6年間で1000億円以上の強化費を国に求める要望書を提出したJOCにとっては、
最悪のタイミングで起きた不祥事といえる。
 


1984年ロサンゼルス五輪で水泳日本代表選手の大麻使用事件が起きた際は、
当時の水連会長や五輪代表監督が引責辞任した。
あるJOC理事は、
今回も関係者の責任問題で
「ある程度の処分は避けられないのでは」
と予想した。



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar