So-net無料ブログ作成
検索選択
無線工学 ブログトップ
前の10件 | -

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「OFDM(直交周波数分割多重方式) 」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「OFDM(直交周波数分割多重方式) 」】 をお届けします。



一陸特過去問平成26年6月期の更新が完了しました。
工学は平成25年2月期並みに難易度の高い試験だったと思われます。
新問・計算問題ともに多く、分かる問題もケアレスミスなく対処できる実力が必要です。
今回の最大の特徴は今まで出題されたことのないdBの値がでたことです。
 ※平成26年6月午後_問17に「12dB」が出題
「デシベル計算の覚え方」にまとめてありますので、確実に押さえておきましょう。
法規に関しては前回と同様に新問は少ないものの、細かい点を問われていますので
出題された条文は全文覚えるつもりで学習するのが良いでしょう。



無線工学
OFDM(直交周波数分割多重方式)
(1) OFDMAは、「OFDM」の技術を利用したものであり、サブキャリアを複数のユーザーが共有し、割り当てて使用することにより、効率的な通信を実現することができる。
(2) また、ある程度、周波数を話したサブキャリアをセットとして用いることによって、送信側の増幅器でサブキャリア間の「相互変調」を起こし難くできる。
(3) OFDMAは、一般的に3.9世代と呼ばれる携帯電話の通信規格である「LTE」の下り回線などで利用されている。
________________________________________
• (1)の補足
o 符号分割多重化 (CDM) を多元接続として使うときは、これを符号分割多元接続 (CDMA) と呼ぶ。
o 直交周波数分割多重方式(OFDM)を多元接続として使うときは、これを直交周波数分割多元接続(OFDMA)と呼ぶ。
• (2)の補足
o 「拡散変調」=「スペクトラム拡散変調」=「CDMA」
o 「相互変調」=「混信の一現象」=「|79| 雑音のパターン5を参照してください」
• (3)の補足
o 第1世代  : FDMA | アナログ・AMPS
o 第2世代  : TDMA | PDC・GSM
o 第2.5世代 : TDMA+CDMA | PDC-P・GPRS・cdmaone
o 第3世代  : TDMA+CDMA | CDMA2000・W-CDMA・WiMAX等
o 第3.5世代 : TDMA+CDMA | CDMA2000 1X・EV-DO・HSPA・HSDPA等
o 第3.9世代 : OFDMA+CDMA | LTE・UMB・モバイルWiMAX等


本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「マイクロ波・デジタルとアナログ通信」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「マイクロ波・デジタルとアナログ通信」】 をお届けします。



無線工学

正しい解答

選択肢1 : 超短波(VHF)帯の電波に比較して、地形、建物、建造物及び降雨の影響が「大きい」。
選択肢2 : 自然雑音及び人口雑音の影響が「少なく」、良好な信号対雑音比(S/N)の通信回線を構成することが「できる」。
選択肢4 : 周波数が高くなるほど、降雨よる減衰が「大きく」なり、大容量の通信回線を安定に維持することが「難しく」なる。



正しい解答

選択肢2 : 超短波(VHF)帯の電波に比較して、地形、建物、建造物及び降雨の影響が「大きい」。
選択肢3 : 電離層伝搬による見通し外の遠距離通信「は、困難である」。
選択肢4 : アンテナの指向性を鋭く「できるので」、他の無線回線との混信を避けることが「比較的容易」である。



一陸特過去問平成26年6月期の更新が完了しました。
工学は平成25年2月期並みに難易度の高い試験だったと思われます。
新問・計算問題ともに多く、分かる問題もケアレスミスなく対処できる実力が必要です。
今回の最大の特徴は今まで出題されたことのないdBの値がでたことです。
 ※平成26年6月午後_問17に「12dB」が出題
「デシベル計算の覚え方」にまとめてありますので、確実に押さえておきましょう。
法規に関しては前回と同様に新問は少ないものの、細かい点を問われていますので
出題された条文は全文覚えるつもりで学習するのが良いでしょう。



無線工学
OFDM(直交周波数分割多重方式)
(1) OFDMAは、「OFDM」の技術を利用したものであり、サブキャリアを複数のユーザーが共有し、割り当てて使用することにより、効率的な通信を実現することができる。
(2) また、ある程度、周波数を話したサブキャリアをセットとして用いることによって、送信側の増幅器でサブキャリア間の「相互変調」を起こし難くできる。
(3) OFDMAは、一般的に3.9世代と呼ばれる携帯電話の通信規格である「LTE」の下り回線などで利用されている。
________________________________________
• (1)の補足
o 符号分割多重化 (CDM) を多元接続として使うときは、これを符号分割多元接続 (CDMA) と呼ぶ。
o 直交周波数分割多重方式(OFDM)を多元接続として使うときは、これを直交周波数分割多元接続(OFDMA)と呼ぶ。
• (2)の補足
o 「拡散変調」=「スペクトラム拡散変調」=「CDMA」
o 「相互変調」=「混信の一現象」=「|79| 雑音のパターン5を参照してください」
• (3)の補足
o 第1世代  : FDMA | アナログ・AMPS
o 第2世代  : TDMA | PDC・GSM
o 第2.5世代 : TDMA+CDMA | PDC-P・GPRS・cdmaone
o 第3世代  : TDMA+CDMA | CDMA2000・W-CDMA・WiMAX等
o 第3.5世代 : TDMA+CDMA | CDMA2000 1X・EV-DO・HSPA・HSDPA
o 第3.9世代 : OFDMA+CDMA | LTE・UMB・モバイルWiMAX等


本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「標本化定理」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「標本化定理」】 をお届けします。



無線工学

標本化定理

周波数帯域の高いほうを2倍するだけ。

4.4[kHz]×2=8.8[kHz]
イメージは、
周波数帯域(アナログ) 4kHz → 標本化(デジタル) 8kHz → 周波数帯域(アナログ) 4kHz
と、なります。
例: 音声信号周波数 4kHz → 標本化周波数 8kHz → 音声信号周波数 4kHz

ひょうほんかていり 【標本化定理】 sampling theorem
あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、
原信号に含まれる周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、
原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。
これを標本化定理という。
たとえば、
100Hzのアナログ信号を正確にサンプリングするためには、
最低でも200Hz以上の周期でサンプリングしなければならない。
もしサンプリング周波数の1/2よりも高い周波数成分が含まれていると、
その成分がサンプリング結果にはエイリアス(alias、虚像)信号として現われる。 ⇒「折り返し雑音 」



無線工学

正しい解答

選択肢1 : 超短波(VHF)帯の電波に比較して、地形、建物、建造物及び降雨の影響が「大きい」。
選択肢2 : 自然雑音及び人口雑音の影響が「少なく」、良好な信号対雑音比(S/N)の通信回線を構成することが「できる」。
選択肢4 : 周波数が高くなるほど、降雨よる減衰が「大きく」なり、大容量の通信回線を安定に維持することが「難しく」なる。



正しい解答

選択肢2 : 超短波(VHF)帯の電波に比較して、地形、建物、建造物及び降雨の影響が「大きい」。
選択肢3 : 電離層伝搬による見通し外の遠距離通信「は、困難である」。
選択肢4 : アンテナの指向性を鋭く「できるので」、他の無線回線との混信を避けることが「比較的容易」である。



一陸特過去問平成26年6月期の更新が完了しました。
工学は平成25年2月期並みに難易度の高い試験だったと思われます。
新問・計算問題ともに多く、分かる問題もケアレスミスなく対処できる実力が必要です。
今回の最大の特徴は今まで出題されたことのないdBの値がでたことです。
 ※平成26年6月午後_問17に「12dB」が出題
「デシベル計算の覚え方」にまとめてありますので、確実に押さえておきましょう。
法規に関しては前回と同様に新問は少ないものの、細かい点を問われていますので
出題された条文は全文覚えるつもりで学習するのが良いでしょう。



無線工学

OFDM(直交周波数分割多重方式)

(1) OFDMAは、「OFDM」の技術を利用したものであり、サブキャリアを複数のユーザーが共有し、割り当てて使用することにより、効率的な通信を実現することができる。
(2) また、ある程度、周波数を話したサブキャリアをセットとして用いることによって、送信側の増幅器でサブキャリア間の「相互変調」を起こし難くできる。
(3) OFDMAは、一般的に3.9世代と呼ばれる携帯電話の通信規格である「LTE」の下り回線などで利用されている。
________________________________________
• (1)の補足
o 符号分割多重化 (CDM) を多元接続として使うときは、これを符号分割多元接続 (CDMA) と呼ぶ。
o 直交周波数分割多重方式(OFDM)を多元接続として使うときは、これを直交周波数分割多元接続(OFDMA)と呼ぶ。
• (2)の補足
o 「拡散変調」=「スペクトラム拡散変調」=「CDMA」
o 「相互変調」=「混信の一現象」=「|79| 雑音のパターン5を参照してください」
• (3)の補足
o 第1世代  : FDMA | アナログ・AMPS
o 第2世代  : TDMA | PDC・GSM
o 第2.5世代 : TDMA+CDMA | PDC-P・GPRS・cdmaone
o 第3世代  : TDMA+CDMA | CDMA2000・W-CDMA・WiMAX等
o 第3.5世代 : TDMA+CDMA | CDMA2000 1X・EV-DO・HSPA・HSDPA
o 第3.9世代 : OFDMA+CDMA | LTE・UMB・モバイルWiMAX等


本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「マイクロ波・デジタルとアナログ通信」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「マイクロ波・デジタルアナログ通信」】 をお届けします。



無線工学

マイクロ波・デジタルとアナログ通信

出題パターンは6種類

1. アナログ通信方式と比べたときのデジタル通信方式の一般的な特徴について
2. アナログ信号をデジタル伝送する場合における伝送品質について
3. デジタル通信方式の特徴について
4. マイクロ波を利用する通信回線又は装置の特徴について
5. マイクロ波による通信の特徴について
6. マイクロ波の特徴について

1~3までの「デジタル通信の特徴」 と 4~6までの「マイクロ波の特徴」に分けることができます。
1~3ごと、4~6ごとに内容が被りますのでまとめて覚えましょう。



正しい解答 : 多段中継の場合、再生中継により雑音及びひずみが累積「されない」。

正しい解答 : 送信機の変調方式には、主に「PSK又はQAM」が用いられる。

正しい解答 : アナログ通信方式に比べて、他のルートからの電波の干渉を「受けにくい」。

正しい解答
(1) アナログ通信方式の装置に比べて、デジタル通信方式の装置は、論理回路が多く、「LSI」化することが容易である。
(2) アナログ通信方式に比べて、他のルートの電波の干渉を「受けにくい」。
(3) 伝送路上の中継器では、信号波形を整形して、元の伝送信号と同様の信号パルスを作り出す「再生」中継が行われる。

正しい解答 : 送信機の変調方式には、主に「PSK又はQAM」が用いられる

正しい解答
(1) 周波数が「高く」なるほど、雨による減衰が大きくなり、大容量の通信回線を安定に維持することが難しくなる。
(2) 低い周波数帯よりも必要とする周波数帯域幅が「広く」取れるため、多重回線の多重度を大きくすることができる。
(3) 周波数が高くなるほど、アンテナが「小型」になり、また、大きなアンテナ利得を得ることが容易である



無線工学

標本化定理

周波数帯域の高いほうを2倍するだけ。

4.4[kHz]×2=8.8[kHz]
イメージは、
周波数帯域(アナログ) 4kHz → 標本化(デジタル) 8kHz → 周波数帯域(アナログ) 4kHz
と、なります。
例: 音声信号周波数 4kHz → 標本化周波数 8kHz → 音声信号周波数 4kHz

ひょうほんかていり 【標本化定理】 sampling theorem
あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、
原信号に含まれる周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、
原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。
これを標本化定理という。
たとえば、
100Hzのアナログ信号を正確にサンプリングするためには、
最低でも200Hz以上の周期でサンプリングしなければならない。
もしサンプリング周波数の1/2よりも高い周波数成分が含まれていると、
その成分がサンプリング結果にはエイリアス(alias、虚像)信号として現われる。 ⇒「折り返し雑音 」



無線工学

正しい解答

選択肢1 : 超短波(VHF)帯の電波に比較して、地形、建物、建造物及び降雨の影響が「大きい」。
選択肢2 : 自然雑音及び人口雑音の影響が「少なく」、良好な信号対雑音比(S/N)の通信回線を構成することが「できる」。
選択肢4 : 周波数が高くなるほど、降雨よる減衰が「大きく」なり、大容量の通信回線を安定に維持することが「難しく」なる。



正しい解答

選択肢2 : 超短波(VHF)帯の電波に比較して、地形、建物、建造物及び降雨の影響が「大きい」。
選択肢3 : 電離層伝搬による見通し外の遠距離通信「は、困難である」。
選択肢4 : アンテナの指向性を鋭く「できるので」、他の無線回線との混信を避けることが「比較的容易」である。



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「フレームの回線の配置」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「フレームの回線の配置」】 をお届けします。



無線工学

フレームの回線の配置

出題パターンは3種類

1. フレームのビットの値とビットレートの値を求める問題
2. クロックパルスの繰り返し周波数の値を求める問題
3. 1タイムスロットの値を求める問題

関連項目の|1| 標本化定理と一緒に覚えると効果的です。



(1) 図より、1フレームは、「193」[bit]である。
(2) ビットレートは、「193/125」[bit/μs]から「1.544」[Mbit/s]となる。
1フレームの回線の配置の問題は以下の値を暗記するだけでOK。計算は不要
1 1フレームのビット数 8×24+1 = 193
2 ビットレートの計算式 bit / μs = 193/125
3 クロックパルスの繰り返し周波数の値 193/125 = 1.544 MHz
4 1タイムスロットの値 125/193 = 0.65 μs



クロックパルスの繰り返し周波数の値が求められているので、「1.544 MHz」となります。

1フレームの回線の配置の問題は以下の値を暗記するだけでOK。計算は不要

1 1フレームのビット数 8×24+1 = 193
2 ビットレートの計算式 bit / μs = 193/125
3 クロックパルスの繰り返し周波数の値 193/125 = 1.544 MHz
4 1タイムスロットの値 125/193 = 0.65 μs



無線工学

マイクロ波・デジタルアナログ通信

出題パターンは6種類

1. アナログ通信方式と比べたときのデジタル通信方式の一般的な特徴について
2. アナログ信号をデジタル伝送する場合における伝送品質について
3. デジタル通信方式の特徴について
4. マイクロ波を利用する通信回線又は装置の特徴について
5. マイクロ波による通信の特徴について
6. マイクロ波の特徴について
1~3までの「デジタル通信の特徴」 と 4~6までの「マイクロ波の特徴」に分けることができます。
1~3ごと、4~6ごとに内容が被りますのでまとめて覚えましょう。


正しい解答 : 多段中継の場合、再生中継により雑音及びひずみが累積「されない」。

正しい解答 : 送信機の変調方式には、主に「PSK又はQAM」が用いられる。

正しい解答 : アナログ通信方式に比べて、他のルートからの電波の干渉を「受けにくい」。

正しい解答
(1) アナログ通信方式の装置に比べて、デジタル通信方式の装置は、論理回路が多く、「LSI」化することが容易である。
(2) アナログ通信方式に比べて、他のルートの電波の干渉を「受けにくい」。
(3) 伝送路上の中継器では、信号波形を整形して、元の伝送信号と同様の信号パルスを作り出す「再生」中継が行われる。

正しい解答 : 送信機の変調方式には、主に「PSK又はQAM」が用いられる

正しい解答
(1) 周波数が「高く」なるほど、雨による減衰が大きくなり、大容量の通信回線を安定に維持することが難しくなる。
(2) 低い周波数帯よりも必要とする周波数帯域幅が「広く」取れるため、多重回線の多重度を大きくすることができる。
(3) 周波数が高くなるほど、アンテナが「小型」になり、また、大きなアンテナ利得を得ることが容易である



無線工学

標本化定理

周波数帯域の高いほうを2倍するだけ。

4.4[kHz]×2=8.8[kHz]
イメージは、
周波数帯域(アナログ) 4kHz → 標本化(デジタル) 8kHz → 周波数帯域(アナログ) 4kHz
と、なります。
例: 音声信号周波数 4kHz → 標本化周波数 8kHz → 音声信号周波数 4kHz

ひょうほんかていり 【標本化定理】 sampling theorem
あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、
原信号に含まれる周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、
原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。
これを標本化定理という。
たとえば、
100Hzのアナログ信号を正確にサンプリングするためには、
最低でも200Hz以上の周期でサンプリングしなければならない。
もしサンプリング周波数の1/2よりも高い周波数成分が含まれていると、
その成分がサンプリング結果にはエイリアス(alias、虚像)信号として現われる。 ⇒「折り返し雑音 」



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「マイクロ波用電子管」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「マイクロ波用電子管」】 をお届けします。



無線工学

マイクロ波用電子管

出題パターンは3種類
1. マイクロ波用電子管の原理的構造例
2. マグネトロンの原理的構造例
3. マグネトロンについて
関連項目の |43| 地球局の送受信装置 と一緒に覚えると効果的です。

(1) 名称は、「進行波管」である。
(2) 高周波電界と電子流との相互作用による「速度変調」、密度変調過程でのエネルギーの授受によりマイクロ波の増幅を行う。
※1 混変調:「近隣で任意の周波数の送信電波が発信されると任意の受信周波数に割り込んだり(混信)、目的内容がきこえなくなったりする現象。」
※2 速度変調:詳しくはコチラ→「http://home.catv.ne.jp/ss/taihoh/vacuumtubes/vac/vac8.htm

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。
• 「磁石」で「増幅」、進行波管
o 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
o
• 「発振」・「共振」、クライストロン
o 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
o
• 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
o 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
o
※発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象。
※増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

(A) 空洞共振器
(B) 陽極
(C) 陰極
※ 陰極が内側にあるので、insideと掛け、「in極」と覚えると楽に対応できます。



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「パルスの繰り返し周波数と衝撃係数」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「パルスの繰り返し周波数と衝撃係数」】 をお届けします。



無線工学

パルスの繰り返し周波数と衝撃係数

出題パターンは3種類
1. パルスの繰り返し周波数の値のみを求める問題
2. パルスの繰り返し周波数の値と衝撃係数の値を求める問題
3. パルス周期の値と衝撃係数の値を求める問題

パターン1もパターン2も覚える公式は同じ。
パターン1のほうが衝撃係数の公式を覚えなくて良いので易しい問題になっています。
二つの公式が非常に似ているので覚え方が重要になります。
[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
• パルスの繰り返し周波数の値
1.  1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 1/ (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 1/(5+20)
4.  → 1/25
5.  → 0.04
6.  4 が付く選択肢を選ぶ → 40[kH

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)

二つの公式が非常に似ているので覚え方が重要になります。
[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
• パルスの繰り返し周波数の値
1.  1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 1/ (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 1/(5+20)
4.  → 1/25
5.  → 0.04
6.  4 が付く選択肢を選ぶ → 40[kHz]
• 衝撃係数の値
1.  パルス幅/パルス幅+パルス間隔 ※問題ごとに書いていく
2.  → 5[kHz] / (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 5/(5+20)
4.  → 5/25
5.  → 0.2

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)

[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
※パターン2と違いパルスの繰り返し周波数の値が問題にあります。
 「パルスの繰り返し周波数を求める公式」を用いることで「パルス周期」の値が分かるようになります。
 「パルス周期」の値が分かれば「パルス間隔」も分かるので「衝撃係数」も容易に導けます。
また( パルス周期 = パルス幅 + パルス間隔 )であることを問題から読み取る必要があります。
• パルス周期の値
1. パルスの繰り返し周波数 = 1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 40[kHz] = 1/ (5[kHz]+○[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 40 = 1/ (5+○) ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
4.  → (5+○) を 「パルス周期:T」 と置き換える
5.  → 40 = 1/ T
6.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までをTの中に代入して「40(0.04)」になるのが正解になります。
• 選択肢1の場合   : 1/ 15 = 0.06
• 選択肢2・3の場合 : 1/ 25 = 0.04
• 選択肢4・5の場合 : 1/ 30 = 0.03
A → 「40(0.04)」の値に最も近い値が選択肢2・3の25になるため、答えは「パルス周期の値:25[μs]」になります。
 ※「パルス周期の値:25[μs]」ー「パルスの幅の値:5[μs]」=「パルス間隔の値:20[μs]」
• 衝撃係数の値
1.  パルス幅/パルス幅+パルス間隔 ※問題ごとに書いていく
2.  → 5[μs] / (5[μs]+20[μs]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 5/(5+20)
4.  → 5/25
5.  → 0.2

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)



マイクロ波用電子管

出題パターンは3種類
1. マイクロ波用電子管の原理的構造例
2. マグネトロンの原理的構造例
3. マグネトロンについて
関連項目の |43| 地球局の送受信装置 と一緒に覚えると効果的です。

(1) 名称は、「進行波管」である。
(2) 高周波電界と電子流との相互作用による「速度変調」、密度変調過程でのエネルギーの授受によりマイクロ波の増幅を行う。
※1 混変調:「近隣で任意の周波数の送信電波が発信されると任意の受信周波数に割り込んだり(混信)、目的内容がきこえなくなったりする現象。」
※2 速度変調:詳しくはコチラ→「http://home.catv.ne.jp/ss/taihoh/vacuumtubes/vac/vac8.htm

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。
• 「磁石」で「増幅」、進行波管
o 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
o
• 「発振」・「共振」、クライストロン
o 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
o
• 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
o 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
o
※発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象。
※増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

(A) 空洞共振器
(B) 陽極
(C) 陰極
※ 陰極が内側にあるので、insideと掛け、「in極」と覚えると楽に対応できます。

正しい解答 : 陰極と陽極の間に電子流を制御する電極(グリッド)が「ない」。 ※あるのはクライストロン
正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「半導体」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「半導体」】 をお届けします。



無線工学

半導体

出題パターンは1種類
1. 半導体について
関連項目の |45| FET と |46| ダイオード と一緒に覚えると効果的です。

正しい解答
選択肢1 : ホトダイオードは、「光」信号を「電気」信号に変換する特性を利用するものである。
選択肢2 : P型半導体の多数キャリアは、「正孔」である。
選択肢3 : N形半導体の多数キャリアは、「電子」である。
選択肢4 : PN接合ダイオードは、電流が「P形」半導体から「N形」半導体へ一方向に流れる整流特性を有する。

アルファベットに着目する。Pの文字には「穴」がある→「正孔」と覚えましょう。
1. PN接合ダイオードは名前のとおり、「PからNへ」一方向に流れる。
2. ホトダイオードは、「ホト」に着目する。
• 「ホ」→「ハ行」→「光」、
• 「ト」→「タ行」→「電気」
o ホトダイオードは、「光」信号を「電気」信号に変換する特性を利用するものである。
o ホトダイオードは、「ハ行」を「タ行」に変換する特性を利用するものである。
o ホトダイオードは、「ホ」を「ト」に変換する特性を利用するものである。



無線工学

パルスの繰り返し周波数と衝撃係数

出題パターンは3種類
1. パルスの繰り返し周波数の値のみを求める問題
2. パルスの繰り返し周波数の値と衝撃係数の値を求める問題
3. パルス周期の値と衝撃係数の値を求める問題

パターン1もパターン2も覚える公式は同じ。
パターン1のほうが衝撃係数の公式を覚えなくて良いので易しい問題になっています。
二つの公式が非常に似ているので覚え方が重要になります。
[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
• パルスの繰り返し周波数の値
1.  1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 1/ (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 1/(5+20)
4.  → 1/25
5.  → 0.04
6.  4 が付く選択肢を選ぶ → 40[kH

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)

二つの公式が非常に似ているので覚え方が重要になります。
[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
• パルスの繰り返し周波数の値
1.  1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 1/ (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 1/(5+20)
4.  → 1/25
5.  → 0.04
6.  4 が付く選択肢を選ぶ → 40[kHz]
• 衝撃係数の値
1.  パルス幅/パルス幅+パルス間隔 ※問題ごとに書いていく
2.  → 5[kHz] / (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 5/(5+20)
4.  → 5/25
5.  → 0.2

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)

[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
※パターン2と違いパルスの繰り返し周波数の値が問題にあります。
 「パルスの繰り返し周波数を求める公式」を用いることで「パルス周期」の値が分かるようになります。
 「パルス周期」の値が分かれば「パルス間隔」も分かるので「衝撃係数」も容易に導けます。
また( パルス周期 = パルス幅 + パルス間隔 )であることを問題から読み取る必要があります。
• パルス周期の値
1. パルスの繰り返し周波数 = 1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 40[kHz] = 1/ (5[kHz]+○[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 40 = 1/ (5+○) ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
4.  → (5+○) を 「パルス周期:T」 と置き換える
5.  → 40 = 1/ T
6.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までをTの中に代入して「40(0.04)」になるのが正解になります。
• 選択肢1の場合   : 1/ 15 = 0.06
• 選択肢2・3の場合 : 1/ 25 = 0.04
• 選択肢4・5の場合 : 1/ 30 = 0.03
A → 「40(0.04)」の値に最も近い値が選択肢2・3の25になるため、答えは「パルス周期の値:25[μs]」になります。
 ※「パルス周期の値:25[μs]」ー「パルスの幅の値:5[μs]」=「パルス間隔の値:20[μs]」
• 衝撃係数の値
1.  パルス幅/パルス幅+パルス間隔 ※問題ごとに書いていく
2.  → 5[μs] / (5[μs]+20[μs]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 5/(5+20)
4.  → 5/25
5.  → 0.2

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「フィルタの特性の概略図」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「フィルタの特性の概略図」】 をお届けします。



無線工学

フィルタの特性の概略図

出題パターンは1種類

1. フィルタの通過帯域及び減衰帯域特性の概略
非常に簡単に覚えられるので、
出題されたら確実に点を取れるようにしておきましょう。

• 覚えるフィルタ名は以下の4つ。
o 帯域フィルタ
o 帯域消去フィルタ
o 低域フィルタ
o 高域フィルタ

フィルタの形と漢字の形を当てはめることで簡単に暗記できます。

• 帯域フィルタ
o   ⇒  
• 帯域消去フィルタ
o   ⇒  
• 低域フィルタ
o   ⇒  
• 高域フィルタ
o   ⇒  ※上記3パターン以外のものが高域フィルタ。消去法で導く。





無線工学

半導体

出題パターンは1種類
1. 半導体について
関連項目の |45| FET と |46| ダイオード と一緒に覚えると効果的です。

正しい解答
選択肢1 : ホトダイオードは、「光」信号を「電気」信号に変換する特性を利用するものである。
選択肢2 : P型半導体の多数キャリアは、「正孔」である。
選択肢3 : N形半導体の多数キャリアは、「電子」である。
選択肢4 : PN接合ダイオードは、電流が「P形」半導体から「N形」半導体へ一方向に流れる整流特性を有する。

アルファベットに着目する。Pの文字には「穴」がある→「正孔」と覚えましょう。
1. PN接合ダイオードは名前のとおり、「PからNへ」一方向に流れる。
2. ホトダイオードは、「ホト」に着目する。
• 「ホ」→「ハ行」→「光」、
• 「ト」→「タ行」→「電気」
o ホトダイオードは、「光」信号を「電気」信号に変換する特性を利用するものである。
o ホトダイオードは、「ハ行」を「タ行」に変換する特性を利用するものである。
o ホトダイオードは、「ホ」を「ト」に変換する特性を利用するものである。



無線工学

パルスの繰り返し周波数と衝撃係数

出題パターンは3種類
1. パルスの繰り返し周波数の値のみを求める問題
2. パルスの繰り返し周波数の値と衝撃係数の値を求める問題
3. パルス周期の値と衝撃係数の値を求める問題

パターン1もパターン2も覚える公式は同じ。
パターン1のほうが衝撃係数の公式を覚えなくて良いので易しい問題になっています。
二つの公式が非常に似ているので覚え方が重要になります。
[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
• パルスの繰り返し周波数の値
1.  1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 1/ (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 1/(5+20)
4.  → 1/25
5.  → 0.04
6.  4 が付く選択肢を選ぶ → 40[kH

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)

二つの公式が非常に似ているので覚え方が重要になります。
[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
• パルスの繰り返し周波数の値
1.  1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 1/ (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 1/(5+20)
4.  → 1/25
5.  → 0.04
6.  4 が付く選択肢を選ぶ → 40[kHz]
• 衝撃係数の値
1.  パルス幅/パルス幅+パルス間隔 ※問題ごとに書いていく
2.  → 5[kHz] / (5[kHz]+20[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 5/(5+20)
4.  → 5/25
5.  → 0.2

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)

[kHz]などの単位は計算にいれなくても解答がでるので、計算上考慮する必要はありません。
※パターン2と違いパルスの繰り返し周波数の値が問題にあります。
 「パルスの繰り返し周波数を求める公式」を用いることで「パルス周期」の値が分かるようになります。
 「パルス周期」の値が分かれば「パルス間隔」も分かるので「衝撃係数」も容易に導けます。
また( パルス周期 = パルス幅 + パルス間隔 )であることを問題から読み取る必要があります。
• パルス周期の値
1. パルスの繰り返し周波数 = 1/(パルス幅+パルス間隔) ※問題ごとに書いていく
2.  → 40[kHz] = 1/ (5[kHz]+○[kHz]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 40 = 1/ (5+○) ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
4.  → (5+○) を 「パルス周期:T」 と置き換える
5.  → 40 = 1/ T
6.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までをTの中に代入して「40(0.04)」になるのが正解になります。
• 選択肢1の場合   : 1/ 15 = 0.06
• 選択肢2・3の場合 : 1/ 25 = 0.04
• 選択肢4・5の場合 : 1/ 30 = 0.03
A → 「40(0.04)」の値に最も近い値が選択肢2・3の25になるため、答えは「パルス周期の値:25[μs]」になります。
 ※「パルス周期の値:25[μs]」ー「パルスの幅の値:5[μs]」=「パルス間隔の値:20[μs]」
• 衝撃係数の値
1.  パルス幅/パルス幅+パルス間隔 ※問題ごとに書いていく
2.  → 5[μs] / (5[μs]+20[μs]) ※文字公式に数字を当てはめる
3.  → 5/(5+20)
4.  → 5/25
5.  → 0.2

二つの公式で違う点は、分子が「1」か「パルス幅」のみなので、分子の覚え方が重要です。
「パルスの繰り返し周波数 f」 の f と「公式の分子」の 1 に着目し f1 と覚えましょう。
公式自体の覚え方は、以下のように覚え、衝撃係数をメインに覚えておきましょう


1 パルスの繰り返し周波数の値を求める公式 1 / (パルス幅 + パルス間隔)
2 衝撃係数の値を求める公式 パルス幅 / (パルス幅 + パルス間隔)
3 パルス周期の値を求める公式 (パルス幅 + パルス間隔)



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「同軸給電線と平行二線式線路」 [無線工学]

おはようございます、ecarです。
今日は【一陸特過去問で平成27年2月期合格を目指そう「同軸給電線と平行二線式線路」】 をお届けします。



無線工学

同軸給電線と平行二線式線路

出題パターンは5種類
1. 同軸ケーブルについて
2. 不平衡形給電線として多く用いられている同軸給電線について
3. 図に示す同軸給電線について
4. 同軸ケーブルの特性インピーダンスZを表す式として正しいもの
5. 平行二線式線路の空気中における特性インピーダンスZを表す式として正しいもの

(1) 同軸ケーブルは、一本の内部導体のまわりに同心円状に外部導体を配置し、両導体間に絶縁体を詰めた不平衡形の給電線であり、伝送する電波が外部へ漏れにくく、外部からの「誘電妨害」を受けにくい。
(2) 不平衡形の同軸ケーブルと半波長ダイポールアンテナを接続するときは、平衡給電を行うため、「バラン」を用いる。
(3) 同軸ケーブルの特性インピーダンスは、一般に平行二線式給電線に比べて「低い」。

• 誘電体
o 広いバンドギャップを有し、直流電圧に対しては電気を通さない絶縁体としてふるまう。身近に見られる誘電体の例として、多くのプラスチック、セラミックなどがある。
• 導電性樹脂
o 用語のとおり誘電体とは反対に電気を通すプラスチック(樹脂)。
• 誘電妨害
o 通信設備が電力線などの強電施設から電磁誘導による被害を受ける現象。
• 伝送損失
o 通信線路上を流れる電気信号や光信号の劣化度合いのこと。
• バラン
o 同軸ケーブルと2線フィーダーなど、平衡と不平衡の状態にある電気信号を変換するための素子のこと。
• スタブ
o 主に導波管で使用される。調整が簡単な方法が3本もしくは4本のスクリューねじを差し込んで反射をコントロールする方法のこと。

(1) 同軸給電線には、3C2Vや4D2V、S4CFBなどのようなJIS表示による型番が付けられている。例えば5D2Vの場合、最初の5は、外部導体の「内径」をミリメートル単位で表しており、次のDは特性インピーダンスが「50[Ω]」であることを示している。
(2) 同軸給電線は、一般に、外部導体を「接地して」使用するので、外部からの誘導妨害及び外部への電波の放射はほとんどない。

正しい解答
(1) εが大きくなるほど、特性インピーダンスは「小さく」なる。
(2) Dとdの比D/dの値が大きくなるほど、特性インピーダンスは「大きく」なる。
(3) 使用する周波数が高くなるほど、誘電損は「大きく」なる。
【h19 10月 午後】と【h23 2月 午前】の選択肢からの出題です。
選択肢も含めてしっかり過去問を学習していないと正解を導けない問題です。

この問題の場合、図も一緒に掲載されるので図から公式を導き出せるようにしましょう。
図の一番下の「D」をひっくり返して分子に、その上にある「d」が分母になる。

正しい解答 : Z=277log102D/d

この問題の場合、図も一緒に掲載されるので図から公式を導き出せるようにしましょう。
図の一番下の「D」をひっくり返して分子に、その上にある「d」が分母になる。
さらに、「二線式」なのでパターン4の「133」の約2倍の「277」になり、かつ、分子の「D」に「2」を付ける。






無線工学

フィルタの特性の概略図

出題パターンは1種類
1. フィルタの通過帯域及び減衰帯域特性の概略
非常に簡単に覚えられるので、出題されたら確実に点を取れるようにしておきましょう。

• 覚えるフィルタ名は以下の4つ。
o 帯域フィルタ
o 帯域消去フィルタ
o 低域フィルタ
o 高域フィルタ
フィルタの形と漢字の形を当てはめることで簡単に暗記できます。
• 帯域フィルタ
o   ⇒  
• 帯域消去フィルタ
o   ⇒  
• 低域フィルタ
o   ⇒  
• 高域フィルタ
o   ⇒  ※上記3パターン以外のものが高域フィルタ。消去法で導く。





無線工学

半導体

出題パターンは1種類
1. 半導体について
関連項目の |45| FET と |46| ダイオード と一緒に覚えると効果的です。

正しい解答
選択肢1 : ホトダイオードは、「光」信号を「電気」信号に変換する特性を利用するものである。
選択肢2 : P型半導体の多数キャリアは、「正孔」である。
選択肢3 : N形半導体の多数キャリアは、「電子」である。
選択肢4 : PN接合ダイオードは、電流が「P形」半導体から「N形」半導体へ一方向に流れる整流特性を有する。

アルファベットに着目する。Pの文字には「穴」がある→「正孔」と覚えましょう。
1. PN接合ダイオードは名前のとおり、「PからNへ」一方向に流れる。
2. ホトダイオードは、「ホト」に着目する。
• 「ホ」→「ハ行」→「光」、
• 「ト」→「タ行」→「電気」
o ホトダイオードは、「光」信号を「電気」信号に変換する特性を利用するものである。
o ホトダイオードは、「ハ行」を「タ行」に変換する特性を利用するものである。
o ホトダイオードは、「ホ」を「ト」に変換する特性を利用するものである。



本日も、最後までお読みいただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!ecar

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - 無線工学 ブログトップ